« 受験期における母親の心構え | トップページ | 偶然は努力した者だけに訪れる »

2010年4月 1日 (木)

複雑な心境

4月に入ってからのことである。電話での問い合わせの件。本校(渋渋)に合格していたが、手続きを取っておらず、それでもこれからの入学は可能かという質問であった。返事は当然NO。明らかに東大合格23名が効いたようである。私としては、嬉しいような、残念のような複雑な心境であった。 私は、学校・生徒・教師を見て受験校選びをしてもらいたいと常日頃より思っている。決して大学合格実績だけで選んでほしくない。条件のひとつとして考えるのであれば文句はないのだが。

問い合わせをしてくれたお母さんのお子さんは、間違いなく優秀であると思う。先に決定した学校で良い結果がでることを祈るだけである。

◎美里の結果報告
過日、行われた全日本体重別選手権の準決勝おいて、延長戦の末、福見選手に惜敗。決勝でのヤワラちゃん対決は実現しなかった。 決勝は、ヤワラちゃんVS福見選手。福見選手が勝利したが、世界選手権日本代表はヤワラちゃんに決定した。これまた、複雑な心境だった。これからも美里の応援よろしくお願いします!

April 16, 2007

|

« 受験期における母親の心構え | トップページ | 偶然は努力した者だけに訪れる »

旧渋谷受験タイムズ・ログ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 複雑な心境:

« 受験期における母親の心構え | トップページ | 偶然は努力した者だけに訪れる »