« 言うと損する3つの言葉 | トップページ | 学校は無菌室 »

2010年4月 1日 (木)

言い訳を聞いてあげよう!

親が子どもに対して、「言い訳するな!」と叱っている場面によく遭遇する。確かに躾として考えれば、正しい光景なのかもしれない。学校生活においても教師が生徒に対する指導の中で、まったく同じ状況を目撃することがある。ただ、私の考えは教師ではあるが、違う。私は生徒に言い訳をさせている。最後の最後まで話しを聞こうと思っている。嘘の言い訳は長いし、くどい。真実の言い訳は短いし、生徒の表情からも察しがつく。だから、言い訳をさせる。そして、たとえ嘘の言い訳であっても真実として受け止める。そういう子に限って何度も嘘の言い訳の場面を作ってくれる。こちらも何度でも騙される。しかし、そんな子でも嘘ばかりの自分に嫌気がさすタイミングが必ずやってくる。嘘の重さにもよるが、そこで間違っていた自分に気づき、反省した子は確実に成長していく。

親にしても、教師にしても根気の勝負となるが、良い意味で言い訳のしない子へ変化させたいのであれば、この手法は、経験上最適だと思っている。ぜひお試しを!

March 02, 2007

|

« 言うと損する3つの言葉 | トップページ | 学校は無菌室 »

旧渋谷受験タイムズ・ログ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言い訳を聞いてあげよう!:

« 言うと損する3つの言葉 | トップページ | 学校は無菌室 »