« 懐かしきアデレードII | トップページ | 偉大なものには気付かない »

2010年4月 1日 (木)

携帯電話

 受験相談会での話しである。「携帯電話の学校持ち込みはOKですか?」という質問をよく受ける。もちろん本校はOKである(ルールはある)。私学全体を見渡してみると実はNOの学校が多い。確認したわけではないが約8割の学校がNOらしい。
 私個人にとって、携帯電話は素晴らしいもの・便利なものでしかない。小学生を持つ親御さんにとってもお子さんに持たせることによる安心感は、他では得られないものと認識しているはずである。
 では何故学校や親御さんの一部の人達が中高生が携帯電話を持つことに賛成できないのか?
多少、学校と親の考え方に違いはあるが、共通して言えることは色々な意味での無駄な使い方にあるのだと思う。もう一つは、時と場所を考えない長時間の通話やメール打ち。まあこの辺が反対の理由である。ただ、マナーについては、中高生はしっかり守っているようにも思う。電車内での様子から判断するとオジさん達の方がよっぽどひどいと私は感じる。

 結局、私の言いたい事は、こんなに便利なものを使わない手はないということ。学校においても親御さんとの話し合いの場を設け、携帯をも持たせられる状況を作るべきと考える。(かならず持たせたいと言ってるのではない。念のため)単に「携帯はダメ」ではなく、ルールやマナーを身に付けさせる努力を大人達がすべきであると思う。ネットの世界に眼を転じてみても同様である。便利さだけを追求してしまうとかならずそこに弊害が生じる。今、ネット上のエチケットという意味で、「ネチケット」という言葉が存在している。携帯電話のエチケット、そして、ネチケットを我々大人がまず身に付け、子ども達に伝えていくべきと強く思った。

 遅かれ早かれ、パソコンを使い、携帯も使う。それなら、できるだけ早く正しいルール、マナーを身に付け大人になっていったほうが良いと考える。みなさんは、どうお考えですか?コメントお待ちしています。

July 05, 2007

|

« 懐かしきアデレードII | トップページ | 偉大なものには気付かない »

旧渋谷受験タイムズ・ログ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話:

« 懐かしきアデレードII | トップページ | 偉大なものには気付かない »