« 自慢話パート1 | トップページ | ちょっといい話 »

2010年4月 1日 (木)

学校見学のポイント

学校見学のポイントは、まずその学校の「良いところ」を見つけることだ。
「良いところ」とは、お子さまとの「相性の良い」という意味である(偏差値表の上の方にあるということではない)。では、どこをどう見ればいいのか?

それは、見るのではなく、感じ取ることを意識すべきなのである。まず、お子さまの6年後がイメージできる学校かどうか。そして、その学校の匂い、教 師・生徒の雰囲気、事務職員の対応等々、感じ取ることができれば、最高の見学となる。

 どんな学校であっても気に入らない部分がひとつやふたつ感じてしまうことがあるかもしれません。その場合その合わない箇所が我慢できるレベルなの か、否か、判断すればいいのである。
 お子さまに合う学校はかならずある、もしかして第五志望の学校がそれかもしれません。

November 29, 2006

|

« 自慢話パート1 | トップページ | ちょっといい話 »

旧渋谷受験タイムズ・ログ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学校見学のポイント:

« 自慢話パート1 | トップページ | ちょっといい話 »