« 学校は無菌室 | トップページ | あいさつ »

2010年4月 1日 (木)

自慢?快挙?やっぱり誇り!

10日東大の合格発表があった。本校は開校まる11年。卒業生は6期生である。昨年、5期生の東大合格者は9名という大躍進を遂げている。今年の6期生は昨年の実績を良い意味でプレッシャーとし、生徒・教員が一丸となり入試に臨んでいた。結果、21名(内現役16名)の合格!快挙である。しかも共学校のイメージとして、男子が弱いと言われながら、21名中17名が男子であった。

「東大だけがすべてでない」と言うが、やっぱり東大パワーは凄い!各方面から、お祝いの電話、メールをいただいた。こんなことは、通常ないことである。
今年の場合、理Ⅲの合格を始め、理の合格者が17名、文が4名と理系の頑張りが際立った。

225名の卒業生でこの数字は、やはり誇れることと思う。倍増の理由は「あいさつ」にあると私は考える。意外な理由と思われるかもしれない。もちろん最大の理由は、生徒それぞれの頑張りにある。ただ、その気にさせる環境づくりのスタートが「あいさつ」だと思うのである。

現在、7期生も動き出している。当然、期待したい。ただ、渋渋生らしく楽しい学園生活を送らせてあげたい。

「東大合格者だけでなく、6期生全員を誇りに思う。」

March 13, 2007

|

« 学校は無菌室 | トップページ | あいさつ »

旧渋谷受験タイムズ・ログ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自慢?快挙?やっぱり誇り!:

« 学校は無菌室 | トップページ | あいさつ »