« 10月の大切さ | トップページ | 第1回渋渋説明会終了 »

2010年4月 1日 (木)

かわいい子には旅をさせろ!

 今世間は、ボクシングの亀田一家の話題でいっぱいである。私も格闘技世界の中の一人として色々と感じる部分を持っている。ただ、亀田一家を批判する気もないし支持することもない。それは、人それぞれ考え方、生き方が違うと基本的に思ってるからだと思う。強いて言うならば、「ルールは守れよ。」ぐらいである。なぜ、この話題に触れたかというと「親」の力とは本当に強く、責任の重大性を感じたからである。

 ここからが本題。
 かわいいと思えば思うほど、他人には触れさせたくないという気持ちを抱くのは当然のことである。親の立場で考えると「余計なお世話」というところであろう。でも、そこが「間違い」と私は思う。もちろん、自分に代わる人間を吟味する必要性はあるが、自分とは違う感覚を与えることの重要性も知ってほしい。
 親として、指導者としての限界を知ることにより、自分の力以外での一段階上のステージに上がれるような環境作りを意識してほしいと思う。当然のことであるが、気持ちまで切り離せと言っているのではない。

 「かわいい子には旅をさせろ」である。 

October 17, 2007

|

« 10月の大切さ | トップページ | 第1回渋渋説明会終了 »

旧渋谷受験タイムズ・ログ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かわいい子には旅をさせろ!:

« 10月の大切さ | トップページ | 第1回渋渋説明会終了 »