« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月29日 (水)

夏の疲れ!

 今年の夏は暑かったし、熱かった。

 柔道づけの毎日だった。

 実は先週体調を崩した。高熱に全身の凝りで久々に病人気分を味わった。病院には行かず根性で治したが、マッサージとユンケルにはお世話になってしまった。昨日ぐらいから元気になってきた。良かった。

 

 最近、娘からのプレッシャーの影響なのだが、加齢臭(親父臭)とかで周りに迷惑など掛けていないか少し気にするようになっていた。

 ここからが笑える話、その体調を崩した時に親父臭を発していないか、確認のため耳の下あたりの臭いを気にしていた。親父臭は確認できずホッとしていたのだが、なぜか両耳の上のあたりがベタッとすることに気がついた。年を重ねると色々なところから、想像もできないような分泌物も出でくるのかと思い、誰にも言えないままショックを受けていた。

 その原因を今朝突き止めた。

 それは「ジェル」。今年からの私の髪型はスポーツ刈をやめて、スポーツ刈をやや長めにしてジェルで固めている。そいつが犯人だった。髪だけではなく耳にまでつけてしまったようだ。

 年をとるのはなく、年を重ねる。といつも自分を慰めているが、今回のジェル事件は、体の自然現象かと諦めるしかないと思っただけにちょっと安心した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

団体戦での全国制覇!

 柔道部創設15年。

 ついに団体戦で、念願の日本一の称号を手にした。

 9月26日(日)、東京武道館において、2010年全日本少年選抜柔道大会が行われた。小学校チーム、中学男子チーム、中学女子チームの予選を勝ち抜いてきたチームのみが、出場できる大会である。

 15年かけて6名の個人戦日本一を輩出してきたが、団体戦は全国2位は3回あるけれど、優勝はなかった。

 優勝できない理由が見つからないまま、その優勝の瞬間を迎えてしまった。もちろん嬉しかったが、意外に冷静であり、呆気ない気もした。

 優勝して気がついたのだが、今回は色々な意味で力むことなく、選手も我々も戦うことができたように思えた。そして、もうひとつは一体感を感じていたことである。誰との、何との一体感なのかよく分からないが、結集している何かを感じとっていたことは確かである。

 団体での優勝は、格別の嬉しさがあり、重さも違う。

 あんなに遠くにしかも大変に考えていたことを手に入れてしまうと何か気が抜ける。ちょっと贅沢な経験をさせてもらったのかも。

 選手たち、それを支えた先輩たち、そして私のまわり人たちに感謝!

 新たな目標設定致します。でも内緒!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

厳しさとは?

 9月12日の世界選手権、ご覧いただけたでしょうか?

 中村美里、久々に負けました。決勝の舞台で判定3対0。当然私は、美里の勝ちを信じていたので、かなりのショックだった。ただ、本人はいたって冷静で負けを認めていた。次はやると言ってました。

 では本題に。

 「厳しさ」とはなんだろうと私はいつも考える。私自身、小学校から高1まで野球をやり、高2から柔道に転向しているがどちらにも辛く、苦しかった思い出がある。

 ただ、今考えると「厳しさ」とはある意味「イジメ」に近いものがあったように思う。何の根拠もなく、運動中に水を飲んではいけない、兎跳びでグランド10周とか、足挙げ腹筋10分とか、できないと鉄拳が飛んだりしていた。今の常識から考えると笑ってしまうようなことを平気でしていたのだ。

また、楽しくやりたいのに楽しんではいけない。確かに練習中に歯を見せるような笑顔は許されなかった。

それを「厳しさ」とみんながみんな思ってた。

どんなスポーツにせよ、「厳しさ」は必要と私も思ってる。

真の「厳しさ」とは、自分が自分自身をコントロールし、掲げた目標に向かって努力し、目標達成することが真の「厳しさ」と思ってる。

「イジメ」と「厳しさ」の違いを理解していない人間はちょっと怖いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

「素直さ」はお徳!

 スポーツでも勉強でも「素直さ」を持っている生徒は伸びる。伸びが早い。もちろん素質もあるが・・・

 ただ、私がいう「素直さ」とは、「従順さ」だけの意味ではない。時に「従順さ」は自分の気持ちに素直でない場合があるから。

 「素直さ」を持つ生徒がなぜ伸びるのか? 

 それは、何の疑問も持たずに「夢中」になれるからである。「夢中」は「集中力」を持っている証拠。また、従順さだけではなく、素直に疑問を感じる時、それは壁にぶち当たった時と考える。その時は素直に工夫し、打開策を練ることができる。だから伸びる。

 教師に限らず誰から見ても、素直な子はかわいいし、応援したくなる。壁にぶつかり悩んでいる姿もいい。

 自然な雰囲気でアドバイスを聞く耳を持っていることが相手に伝わる。だから愛される。

 

 「素直~夢中~集中~工夫~夢中~集中~成長」ぐらいが1セット。

 私の気持ち伝わったでしょうか?

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

日本一獲りました

 またも久々の更新。お許しを。

 夏休み中の柔道結果報告。

 まずは中学生、関東大会において団体優勝、そして個人では朝比奈が70キロ超級で優勝。

 8月17日からの全国大会では、団体がベスト16、朝比奈が優勝、日本一となった。

 高校生は、インターハイに2名が出場、57キロ級の福本が3位、78キロ級の立野がベスト16。

 生徒全員がよく努力し、結果が出なくても、来年に向けて確実な手応えを感じた。

 今月は12日に東京で行われている世界選手権に中村美里が出場する。今一番安定している選手と思うが、勝負は分からない。応援宜しく。

 試合が終わったら裏話でもしたいと考えている。

 その次の週にはジュニアの大会もある。うちの生徒も3人出場する。世界に繋がる大会だけに楽しみだ。

 何度も言っているように「勝つことだけがすべてではない。」でも、「勝つと楽しいことがいっぱい待っている。」ことも子どもたちに伝えたい。

 夏休みはあっという間だった。たった一ヶ月だが私を含めて、この期間の成長は計り知れない。

 「夢中になることの大切さ」をあらためて知った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »