« 夏の疲れ! | トップページ | 台北・香港説明会 »

2010年10月 4日 (月)

継続は「サボり心なり」

 今日は本業の受験について。

 10月に入り、一段と気合いが入ってきたお母さま方へアドバイス。

 「継続は力なり」ということわざがある。その通りと思う。では継続するにはどうしたらいいのか?

 それは「サボり心」の存在。やり切ってしまわない状態で良しとする心、考え方が大切。どうしても日本人は頑張り切ってしまう。勿論、それも大切。でも頑張りすぎると二度とやりたくないという思いも生じる。

 つまり、好きだから、仕方ないから続ける、または続くわけで、イヤになれば継続しなくなる。もう少しというところで止めておくのが、明日へのパワー温存に繋がる。

 受験勉強がそれに近いと私は思う。毎回、毎日「サボり心」が良いと言ってるのではない。5回に1回は「サボり心」があっていいと思う。

 試しにお母さま方も週に1回だけ、家事放棄をやってみて。サボった翌日は楽しく家事ができるはず。ただし、ダンナさまには事前にサボる日を伝えておくこと。

 お子さまの成績が停滞気味であれば、サボること(休養)を勧めてほしい。サボったことが気になって翌日は気持ちが入るはず。

 実はみんな今が夏の疲れのピーク。リフレッシュしてくださいね!

|

« 夏の疲れ! | トップページ | 台北・香港説明会 »

受験について」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 継続は「サボり心なり」:

« 夏の疲れ! | トップページ | 台北・香港説明会 »