« 「今度」と「オバケ」 | トップページ | 皆さまのコメントに感謝 »

2010年12月 2日 (木)

親バカとは?

 親バカ賛成。バカ親反対。

 親バカはタイミングが勝負。自分の子どもが一番かわいいのは当然のこと。子どものために魅力ある親バカになってみよう。

 ただ、子どもが親に対して、表だってそれだけの愛なり、想いを持っているかと言えば、正直微妙だが。でもそれが普通。

 親バカは、一応周りを気にしつつ、自分の子どもだけに対しての一方的な愛情を注ぐ親のこと。

 バカ親は、自分の子どものことしか見えてない親のこと。うーん紙一重か。

 でも、この辺りがある程度共通した考え方だろう。

 実は、私の考えは違う。親バカになることは難しいのだ。

 親バカとしての成立は、親バカを受けた子どもが「親に対して、心から感謝の気持ちを抱いた時。」と考える。だから、親バカとは、簡単に使えないぐらい素敵で重い称号なのだ。

 バカ親と表現されるのは、どんなに子どものためと思って行動したとしても、それを子どもが理解し、感謝するまでには至らない。それでも、周りが見えないまま、その行為をやり続けてしまう。だから、バカ親と言われてしまう。

 結論、「正しい親バカ」を目指すには、常識的な行動が必要。子どもたちは、他人に迷惑かけてまでの愛情は要らない。

 娘がいる以上、かわいい「親バカ」目指します!

|

« 「今度」と「オバケ」 | トップページ | 皆さまのコメントに感謝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

正しい親バカになりたいです^^;

そのためにも常識的な行動で生きていたいです。

投稿: 烏丸 | 2010年12月 2日 (木) 16時42分

正しい「親バカ」になるって本当に難しい事なんですね。簡単に「私親バカなの……」なんて言ってたけれど聞かされた方は苦笑だったかもしれませんね。心のどこかで謙遜の意味合いで使っていたように思います。バカな親には簡単になれる。紙一重を意識しながら、子どもの一番の理解者・応援団長になろうと思いました。
今日の佐藤先生の内容を読んでいてふと思い出した事が有ります。私の亡くなった祖母が私が親になって間もない頃こんな事を言いました。「子どもの事をな、あんまり誉めるもんじゃないぞ、風邪ひくからな!」えぇなんで私には?マークがいっぱいでした。子どもは誉めて育てるものなのに、って思いましたが田舎の狭い地域での言い伝えだろうな、ぐらいに思って過ごしてきました。でもきっと深い意味が有ったはず、今流行りの「トイレの神様」のように…ちゃんと教えてもらっておけば良かった。今だにボンヤリとしか理解できていません 先生のお話に通じるところが有るのか違うのか…
モヤッとした話ですみませんm(__)m


投稿: 久 | 2010年12月 2日 (木) 23時31分

先生,深いです。
「親ばか」と「バカ親」については、わたしも先生と同じように考えていましたが,最後が、深い。

昔朝の連ドラで(てるてる家族だったか?)父親が「親ばか!いいことばではないですか、親が子供を愛さずに誰が愛するというのでしょう!」と、いうような台詞を言っていました。
わたしも、子供のよき理解者でありたいです。

投稿: ぽん | 2010年12月 3日 (金) 11時33分

親になっても、大人の自分の世界を大切にする欧米人に比べて、アジア系の人は「親バカ」が多いように思います。たぶん文化の違いが大きいのでしょう。
確かに「親バカ」と「バカ親」は紙一重。この違いを理解している人がどれぐらいいるか、微妙ですね。
私も「正しい親バカ」を心がけたいです(^_^)☆

投稿: りんりん | 2010年12月 3日 (金) 12時40分

最近は「爺ばか、婆ばか」も多いと感じますね。勿論「ばか親」もいれば「ばか爺もばか婆」もいます。怖いはどちらに自分があてはまるか?という認識が欠けてる事でしょうか?
私的には「親ばか」は子供を見守れる親!子供の発する言葉を待てる事。
「ばか親」は子供の言葉を代弁する親!
例えば名前を聞いた時に子供が答えるのを待てるか?待たずに親が答えてしまうかの違いでしょうか?
「親ばか」は永遠の課題ですね(。>0<。)

投稿: ヒマワリ | 2010年12月 3日 (金) 22時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親バカとは?:

« 「今度」と「オバケ」 | トップページ | 皆さまのコメントに感謝 »