« 「焦る」と「急ぐ」の違い | トップページ | 入試 »

2011年1月29日 (土)

世界基準

 今、日本経済が危ない。私は経済のプロでも投資家でもない。

 しかし、海外(外国の専門家たち)から日本を見たとき、日本経済はかなりマズイ状態にあるらしい。今、円高状況にあるが、何かをキッカケに1ドルが200円、300円の状態になり得る不安が常につきまとっているようだ。国民の貯蓄分により、かろうじて国の借金もフォローされてはいるが、円安に転じたときを考えると本当に心配である。

 まずは総理大臣をはじめとする国会議員の皆さま方に、「日本を守って」と心からお願いしたい気持ちでいっぱいになる。

 私たち国民も経済や世界の中での日本について、少しは勉強しなければならない。

 「世界を知る」ということは、「世界基準」・「世界の常識」を知ることだと思う。そのことを知ることにより、初めて対応策を講じることができるのだ。

 例えば、「税金」についても国民としての義務、納めることへの誇りを感じることができるようになれば、日本は変わってくると思う。勿論、国よって違いはあるが、「税」に対する日本人の考え方、特に必要性(何のための)については私を含め、考え方が幼稚であると感じてしまう。

 世界基準を知ることにより、「日本の素晴らしさ」も知る。

 世界基準を知ることにより、「世界に勝てる」日本人が育つ。

 最近、大手企業においても、学生においても海外に出たがらない傾向があるらしい。それは、一言でいうと日本が素晴らしい国であることをみんなが認めているからかも知れない。

 しかし、「井の中の蛙」状態ではダメ。大海を知ったうえで、各方面に挑戦していく若者、いや若者だけではなく私たち熟年も含め、そんな日本人を増やしていきたいものだ。

 そして、行きつくところは人種を越えて「地球人」になることである。

 「世界基準」という言葉の意味は、「地球ルール」と勝手に理解している。

|

« 「焦る」と「急ぐ」の違い | トップページ | 入試 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先生の幅広さを感じる内容でした
私の場合、世界基準より税金に対しての考え方の方が気になりました。
税金を納めるという正常な感覚を身に付けたいと思います いまだに税金を取られるという感覚なのです
私も反省しますので、国会議員のみなさま 国民が税金を納めたいという気持ちにさせる国づくりを実践してください

投稿: 葉月 | 2011年1月29日 (土) 23時01分

佐藤先生の「世界基準」とはずれてしまいますが
サッカーの日本代表頑張ってくれました。久々に燃えました。
今回選手の中に海外で揉まれている選手が増えました。また対戦したオーストラリアには浦和レッズ所属の選手が居たり、北朝鮮には仙台の選手も居ました。(他にも)
もし日本国内だけで強くなろうとしても恐らく無理でしょう。海外の国・チームと戦ったり所属することで日本の良さや欠点が解って、更に強くなるのではないかと昨夜の試合を観てて思いました。
これからの若者たちも何かを得る為に世界を見渡して日本を知って欲しいです。更に、平均寿命が伸びたのだから熟年世代にも遅い事は無いのです。税金等、義務をきちんと果たして後は「井の中の蛙」になっていないか考える時間を作っても良いと思います。
「日本出身」の〇〇です、〇〇国に住んで居ます、という自己紹介ができたら良いなぁ

投稿: 久 | 2011年1月30日 (日) 23時38分

アジア杯優勝うれしいですね!しかしこれほどまでに日本中が日本サッカーチームに注目、期待、熱狂するのは選手の若者達が今の日本には珍しく気骨のある人々だからかなとも感じてしまいます・・。

「内向き」傾向は本当に心配です。アジアに長く住んでいましたが、アジアの若者達は意識が高く、あらゆる国の人々と国際問題について語り合える力があります。

御校のように世界基準のすばらしい学校がもっともっと日本に増えてほしいと切望します!

投稿: 天そば | 2011年1月31日 (月) 10時15分

税金を納めているのだから、しっかり働いて欲しいといつも思ってしまいます。
所得税、消費税、ガソリン税、たばこ税、市県民税・・・  ぱっと浮かぶだけでちょこちょこ出てきます。

節税で国が変わってくれるのであれば、まずは、議員数を半分でも良いのではないか?と常々考えてしまいます。

他の先進国に比べて消費税は安いけど、所得税は高いし。。。。

消費税を上げるなら所得税は下げて欲しいし。。。

何はともあれ、国の負債が減らないことには、日本がどんどん危険な状態なのは感じてきます。

議員半分削っても、まだ有り余るほど議員さんいらっしゃると思うので、事業仕分けでまずは、議員数減らして欲しいです。

あ・・・話がどんどん先生のとずれてきちゃった・・・・(^^;

投稿: 烏丸 | 2011年2月 1日 (火) 10時42分

テレビ番組の中で「日本の国の借金は、親が子供からお金を借りている様なものだから、大丈夫なんです。」という様な説明がありました。でも、その時素直に「じゃあ、子供達みんながお金を返してくれって言い始めたらどうするんだろう?」と思いました(・・?)
人も物もお金もグローバルに世界中を巡る時代になってきています。
人としても、国としても、「借金は良くないでしょう!」というごくごく当たり前の感性が今の政治家の方々には足りないのでしょうか?その後始末を、子供達の世代に背負わせるのは、とても可哀想な気がします。
政治家の方々に是非「世界基準」を学んでいただき、感性を身につけて、日本を良くしていって欲しい。と切望します。
せっかく戦後の「お父さん」の世代に培われた日本の国際競争力がどんどん落ちてしまいそうで、心配です。

投稿: りんりん | 2011年2月 1日 (火) 15時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界基準:

« 「焦る」と「急ぐ」の違い | トップページ | 入試 »