« 渋渋 | トップページ | ボランティア活動の難しさ »

2011年4月12日 (火)

「生かされている」

 まずは報告。

 10日(日)静岡武道館での朝比奈沙羅ちゃん(中3)の試合結果。

 全日本カデ(17歳未満)柔道体重別選手権大会70キロ超級において見事優勝した。

 8月にウクライナで実施される世界カデ柔道体重別選手権大会の日本代表にも選出されました。

 ブラジルのリオ(2016年)で開催されるオリンピックも目指すことになりそうだ。

 中村同様応援よろしくです。

* カデとはフランス語で「末っ子」という意味。シニア、ジュニアのより年齢が下の意味らしい。

 さて本題に入ろう。

 自然の力は計り知れない、人の優しさも計り知れない。私は今回の大震災により自然への恐怖、そして、人の温かさも知った。

 私は他人に迷惑も掛けず、逞しく「一人で生きている」つもりでいた。

 でも違った。自然によって「生かされている」ことにあらためて気付かされた。また、自分の身近な人、他人の優しさ、気遣いによって「生かされている」ことにも気が付いた。

 良い意味でも悪い意味でも「ひとりで生きているのではない」ことを知らされた。どんなに偉そうなことを言ってもやっても一人で実現させたことではないことも知った。

 そして、「素直に感謝!」の心を知った。

 今回の震災は確かに「不幸」をいっぱい運んできた。でも、ほんの少しだけこれからの日本が進むべき道標も運んできたと私は思う。

 ある都知事がこの震災について「天罰」と思わず言ってしまった(のちに撤回し謝罪した)。勿論、私も間違った発言と思ってる。

 しかし、庇うつもりもないが、多分最近の日本全体の「閉塞感」や「やる気の無さ的」な雰囲気を打破させたいという想いが「天罰」という言葉になったようにも感じた。犠牲になった人たちに対しての言葉ではなかったはずだ。だから「今こそ頑張る時!」と言いたかったのだろうと私は信じている。

 確かに現状を考えたら、いつまでもクヨクヨしていられない。今日本人がやるべきこと、それは

 「生かされている」という気持ちを忘れず、「前進」することだ!

 

|

« 渋渋 | トップページ | ボランティア活動の難しさ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

朝比奈沙羅さん!ワンダフルです!おめでとうございます!素晴らしい体格!足腰特に怪我などないように頑張って下さい。応援してます。超級の選手は特に怪我や足腰の負担が心配です。朝比奈さんの動きの良さはまだまだ進化していくことでしょう。まだ15歳ですね!?すごいですね!これから5年、10年と日本を背負って行く選手に成長していっていただきたい。素晴らしい先輩が身近にいること、アドバイスもいただけるんでしょうね!そして佐藤先生のご指導やアドバイスも・・・そんな環境を羨ましく思っている選手や親たちがいっぱいいます。どうか気を抜かないで頑張ってくださいね。きっと中村選手のように自分に厳しく、人には優しいのでしょう!だから強くなっていかれるんだと思います。柔道が好き!この気持ちを何時までも持って、かわいい渋々っ子でいてくださいね。きっと天は微笑んでくれることでしょう!心から応援しています。先生、本当に楽しみですね!そして、繋がっていますね!先生の思いがしっかりと繋がって現れてきてますね。選手の思い、ご家族の思い・・・今する事、出来ること、伝えられること、自覚して頑張っていきますね。有難う!

投稿: 奈々 | 2011年4月13日 (水) 11時17分

沙羅ナイスー^^デブはデブなりに頑張ってますね

投稿: ここみ | 2011年8月25日 (木) 22時22分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「生かされている」:

« 渋渋 | トップページ | ボランティア活動の難しさ »