« 全日本選抜柔道体重別選手権大会 | トップページ | 「生かされている」 »

2011年4月 8日 (金)

渋渋

 昨夜も地震、しかも私の実家仙台市宮城野区が震度6強。父親の実家栗原市も6強。

 余震なのか、別物なのか皆が不安がっている。昨夜の被害状況は見えていないが、とりあえず両親の無事は確認できた。ただ、今も停電のようだ。

 さて、久々に本校の自慢をさせていただく。

 10期生の大学合格実績をお伝えしたい。

 卒業生約200名(+浪人)、東大15名、早大108名、慶應義塾73名、医学部医学科42名、海外ではハーバード大、スタンフォード大、ボストン大、コロンビア大等に合格者を出し、他大学もいっぱいの実績。自慢できる結果と思う。私個人の話なら自慢しない。ただ、これは生徒たち一人ひとりの頑張りの証しなので大いに自慢したいと思う。

 私たち渋渋の教師は、いかに勉強を教えるか、とは考えていない。いかに生徒を「その気」にさせるかだけを考えている。そして、もう一つは具体的な「その気」にさせる環境作りに全力を尽くしている。そして生徒たちは結構この作戦に引っかかってくれる。いや、引っかかった振りをしてくれてるのかも知れない。

 本当にチーム渋渋は明るい。挨拶がいい。だから結果もいいのかも。

 渋渋の実績の元はここにあると思ってる。

 明日から、柔道の試合で静岡に行ってきます。期待の朝比奈沙羅ちゃん登場。

 今後も明るい話題をいっぱい提供していきたいですね。

|

« 全日本選抜柔道体重別選手権大会 | トップページ | 「生かされている」 »

学校について」カテゴリの記事

コメント

昨晩の地震、寝入りに心臓が止まるかと思うほど、驚きました。被害状況が当初想像したよりも少かったのが救いですが、被災地で頑張っていらっしゃる方々の心境を考えると、いたたまれない気持ちになります。心身共に疲れ果てていらっしゃる事とお察しします。
娘の春休みを利用し10日間ほど、海外にある主人の実家に帰省していましたが、日本の中から見る今回の震災と海外から見る震災は少し違う様に感じました。
海外では、震災そのものは非常に日本に対して同情的ですが、その後の原発事故に関しては、風評もあるかもしれませんが、かなり厳しく深刻に捉えられている様です。
東電の対応や政府の対応も後手にまわっているのが、目に見えるので、仕方ないと思いますが、日本の安心・安全のイメージがかなり落ちてしまい、日本への旅行者・留学生などの激減は必至であり、経済的なダメージもかなり大きく長引くと思います。
なぜ、この様な状況になってしまったのか。
今後の復興と合わせて、状況を検証し、二度とこの様な事態を引き起こさない様に、国全体で改善していかなくてはいけないと思います。
原発問題は、子供達に更に大きな負担を残している様に感じて暗くなってしまいがちですが、子供達には是非希望を託して明るく元気に育って欲しいと思います。子供達に「夢や希望」を持たせ、「やる気」にさせる事が大切ですよね!
大人が元気に前向きに対処しなくては…。と自らに言い聞かせる毎日です。

投稿: りんりん | 2011年4月 8日 (金) 19時29分

16期生の母です。金曜日の入学式で
渋渋生の仲間入りをさせていただき、
子供は早速楽しく過ごしているようです。
地震の後で部活の練習等もできない中、
先輩方の演奏や励ましの言葉など温かい
式をしていただき、親子とも感謝しております。
10期生の先輩方の素晴らしい実績、佐藤先生のコメントを拝読し、渋渋の教育方針が着実に実を結んでいるのだと感じました。子供も渋渋生らしく自分で自分の未来を切り拓いていけるよう、この素晴らしい文化の中で育っていければと感じております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: mimitako | 2011年4月10日 (日) 09時31分

地震なんだか、わからないくらいに、頻繁に最近起きるので、不安です。

投稿: 烏丸 | 2011年4月12日 (火) 16時27分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渋渋:

« 全日本選抜柔道体重別選手権大会 | トップページ | 「生かされている」 »