« 今後のブログについて | トップページ | みんな地元が好き »

2011年5月 7日 (土)

近未来の学校

 日本の将来は「学校教育」にかかっている。

 不況、人災、犯罪等々の中、我々教師(勿論教師だけではないが)は子どもたちに対して、明るく、安心して暮らせる日本の未来を創造していく義務があると思う。

 その一番目に重要となることは、日本という国・そして国民が色々な面で落ち着いていくことである。

 落ち着くための策が「学校教育の工夫」と思っている。

 学校が子どもたちにとって、本当に楽しい場所となっているか?将来の自分の姿を想像できる場所となっているか?「生きることへの意欲」を得られる場所となっているか?

 また、私は単純に「日本が好きか?」「日本を大切にしたいと思うか?」等の気持ちが育まれていく場所が学校である、と思ってる。

 そのためには、現状の学校教育を「変える」のではなく、「工夫」が必要と強く感じてしまう。

 例えば、意欲的な教師が必要であれば、学校側で「学校」としての魅力より「職場」としての魅力が優先されて良いと思う。「魅力」ある職場に勤めた人間はそれを維持するために努力を惜しまない。

 結果、その仕事への想いが生徒へ還元・反映される。「良い職場」になれば、「良い学校」へと変化していく。

 つまり「風が吹けば、桶屋が儲かる」のことわざ通りの様な気がする。工夫(思考)を進めていくと、想いとはかけ離れたことを実践していくことが必要であると気付いたりする。

 いま、学校がその時期に来ていることを痛切に感じている。

 企業秘密(佐藤秘密)だが、3~4考えを披露する。

 ・土曜日は先生も生徒も服装を自由とする(カジュアルサタデー)。

 ・食堂、購買部を使いやすく、オシャレに便利にする。

 ・トイレをとにかく清潔、綺麗にする。

 ・日本を愛せる人間に成長するために外国人との接点をとにかく増やす。

 まだまだ、いっぱいあるが「夢の学校創り」のためにあとは内緒。

 現状の学校教育を否定するものではない。

 ただ、教師も生徒もいつも楽しく過ごせる場所が「学校」。

 それを目指すことが「新しい日本」へのスタートとなるのである。

|

« 今後のブログについて | トップページ | みんな地元が好き »

学校について」カテゴリの記事

コメント

佐藤先生震災以来やっと帰省できたようで、ご自分の目で見、肌で感じた故郷はいかがだったでしょうか。報道で見る限り少しづつでも前に進んでいると思われ東北人の強さを感じております。 「学校」私は学校が大好きでした。放課後も含めて学校に居るのが楽しくて仕方がなかった。あ、勉強が好きと言う事ではないですよ勉強は苦手、テストは嫌いで良い点数は取った事は無いし体育は好きだけどマット運動や鉄棒は苦手、水泳の授業はどうやってサボろうか考えてました。でも学校に行くのが楽しかった。学校に居ると色々な情報が手に入りました。クラスメートの事、先生の事、芸能界の事、好きな男子生徒の事、ファッションの事、テストのやまかけの場所、友だちの将来の夢。有りとあらゆる情報が手に入り自分自身の事も良く見つめられる場所でした。何十年も昔の学校生活ですから比べられませんが、今の子どもたちも学校へ行く事がワクワク楽しみの場所になっているのでしょうか。物事を比較する時に今までは戦前・戦後と言う言い方をしていましたがこれからは震災前・後と言うようになるかもしれません。今の子どもたちの近未来が夢を持ち生きる事が楽しいと思えるように、大人も手助けできるよう頑張らないといけないですね。

投稿: 久 | 2011年5月 7日 (土) 15時43分

久さま

久さんは、女性ですね。
淡い思い出いっぱいの中学・高校生活楽しそうでしたね。
これからでも遅くありません。精一杯青春してください。
仙台の感想は「やはり本当だったか」が本音です。
父親も明るく前進していました。

投稿: 佐藤康 | 2011年5月 7日 (土) 19時41分

先日、ご自身は日本人ですが、ハーフの方とお話をした時に「日本はこれから大変ね。消費税なども上がって、確実に国民の負担は増えるのに、老後の心配もしなくてはいけない。正直、日本の将来に対する不安が大きいから、生活の拠点を海外に移すつもり」と、言われました。日本で生まれ、高校まで日本で教育を受けた、大変優秀な方だけに、なんだか寂しく、残念に思いました。
日本が好きだから、この国を何とかする為に頑張る‼そう言ってくれる人材を育てる所が、学校だと思います。戦後最大と言われる受難の時を迎えていますが、だからこそ、忍耐力のある良い人材が育つかもしれません。希望を持ちたいです。

投稿: りんりん | 2011年5月 8日 (日) 13時12分

いつも大変お世話になっております。
ドイツのヨーロッパカデ大会で沙羅が優勝しました、夜分でしたので、お電話遠慮しました。
取り急ぎ、ご報告でした。

投稿: 朝比奈母 | 2011年5月 9日 (月) 01時44分

朝比奈沙羅選手、カデ大会優勝おめでとうございますヽ(´▽`)/
やっぱりですね。本当にみんなの期待に答えてくださってありがとう!
あなたがこんなに頑張ってるんだから、私も頑張ろうって連鎖していくことでしょう。いい気分みんなに別けてくださって有難う(*^ー゚)bグッジョブ!!
くれぐれも体、足腰に注意してください。
朝比奈さんのHPってあるのでしょうか?カデの試合見れなかったので残念です。
そして、かわいい渋々の生徒でいてくださいね。部員みんなに幸運と活気が伝染しますように!
震災に遭った方たちの希望につながりますように!

投稿: 奈々 | 2011年5月 9日 (月) 07時28分

おはようございます!
朝比奈さんドイツ国際カデ大会優勝おめでとうございますお母様も、佐藤先生もおめでとうございます
m(__)m 朝比奈さんは勉学も優秀と伺いました。文武両道とはすごく大変だろうし、立派な事です。
これからも期待してますので、頑張って下さい
朝から良いニュースで、嬉しいですね

投稿: 久 | 2011年5月 9日 (月) 09時06分

りんりんさまへ
いつもコメント有難うございます。今後も時間の許す限り、こんな感じでのブログスタイルとしていきたいと思ってます。国際感覚抜群のりんりんさんのアドバイス期待しております。

沙羅ママへ
おめでとうございます。
世界デビューでの優勝!
沙羅は何か起こしますね。楽しみにしています。

奈々さまへ
いつも熱いメッセージ有難うございます。
もしかして近くにいらっしゃる方なのかあと思っています。これからも宜しくお願い致します。

久さまへ
いつもチェック有難うございます。
感謝です。

投稿: 佐藤康 | 2011年5月 9日 (月) 09時53分

学校は夢があって、楽しく学べると子供達はやる気がでますよね^^b

投稿: 烏丸 | 2011年5月10日 (火) 15時14分

烏丸さまへ
いつもコメント有難うございます。最近コメントがなかったので、心配しておりました。

分からないままでいいのですが、失礼ながら烏丸さんは男性なのか女性なのか、微妙な感じがしています。これからも宜しくです。

投稿: 佐藤康 | 2011年5月11日 (水) 15時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近未来の学校:

« 今後のブログについて | トップページ | みんな地元が好き »