« みんな地元が好き | トップページ | 大福は甘い方がいい! »

2011年5月13日 (金)

携帯電話の威力

 

 携帯電話って凄い!

 線が繋がってないのに話ができて、切手も貼ってないのにメールを届け、写真まで撮れてその画像を誰にでも送信できる。まだまだ機能はあるが・・・とにかく凄い!

 あらためて言うことでもないかも知れないが、この「凄さ」を見過ごさないでほしい。「凄さ」を忘れずに利用してほしい。本当に便利な世の中になったもんだ。これは当たり前のことではないと思う。人間の継続した努力を忘れないことが大事。

 渋渋は携帯電話の学校持ち込みがOK。勿論、ルールはある。授業中に携帯の着信音が鳴れば、帰りまで学校預かりとなるがその程度である。この状況を恥じるとか、自慢しようと思っているのではない。

 要は、携帯電話・メール・インターネットの使用について学校側が自己責任の重さをしっかり生徒に伝えなければならない時代に入った、ということ。大人も同様であるが・・・

 便利なものを便利なものとして使える心が大切なのである。決して使いこなせる技術だけの問題ではないと思う。因みに私の場合、使える技術は電話とメールとカメラぐらいだが。

 大震災の報道ばかりで、センター試験での携帯を使っての不正受験の件は忘れ去られそうだが、この実行犯の技術レベルは考えられないぐらい高いものだった。不謹慎だが、それだけで京大合格レベルである。

 彼は心での使用法を知っていなかった。

 しかし、救いは確かにとんでもない事件だったものの、ある意味許せる内容だったかも知れない。それは振り込め詐欺的なものだったり、殺人事件へ発展させるものではなかったことだ。

 「京大に入りたかっただけなのだ。」、自力で十分合格できたのになあと私は思ってしまう。

 先日、スカイプとやらの存在と便利さを知り、またまたビックリ!

 テレビ電話がほぼ無料で使用できるということだ。しかも海外相手にも同じ。

 あまり、こんな事ばかり書いていると私がアナログ人の最上級あることがバレてしまうのでこの辺で止めておくが、実に素晴らしい日進月歩である。

 実は今日の内容は、いくら年齢を重ねてきたからと言っても、今の時代を先頭切って生きて行きたいと思うのであれば、「パソコン関係・関連について、もっと勉強しようぜ!」という私自身への励ましのメッセージでした。

 同感の方がいれば、嬉しい!

|

« みんな地元が好き | トップページ | 大福は甘い方がいい! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほんとに携帯電話は便利ですね!私はなんとか使いこなしている、といったところでしょうか。
ひと頃は一家に一台の家電だったのに今では一人に一台の携帯電話。複数台を使い分けている方も居ますね。間違わないのかと要らぬ心配をしたり。パソコンも似たような感じになってきてますよね。
これからの子どもたちは、親世代(祖父母世代も)が携帯やパソコンを使いこなし、生活の中に既に普通に有る物だからきっと何の抵抗もなく自分に近い物として使いこなしていくんでしょうね。
私は子どもが持つのが先でした。(PHS→携帯の流れでしたが)友人との連絡用に持ちたいと、それなら親とも連絡取れるように持たなければ…でした。だから覚える為に説明書を何回も読んだし子どもにも教えてと頭を下げましたそんな苦労をして覚えてみると便利で楽しい機械でした。
でもまだ特別な物と言う気がして恐る恐る使っている感じです。せっかく作ったメールを送信前に消してしまったりなんて失敗もまだします。パソコンも変な事をして(したつもりは無いのだけど)フリーズさせる事数しれず…でも老化防止になるかもしれないので、怖がらず使ってやろうじゃないのと思っています

投稿: 久 | 2011年5月13日 (金) 21時44分

久さまへ

この分野は若者に教えてもらうのが一番ですね。年上の人間が謙虚に若者に接する良い機会と思います。
私もコミニュケーションのチャンスと考えています。みんな親切に教えてくれます。

投稿: 佐藤康 | 2011年5月14日 (土) 10時10分

携帯電話の進化は、本当に驚かされます!
機器、道具等など・・すごい進歩;:゙;`(゚∀゚)`;:゙!
私も子供と旦那にお任せですが・・・何とか遅ればせながら便利さにつられて使っています。
でも便利さと反比例して生身の人間とのコミニュケーションが減少してしまわないようにしないといけないと思いますね。健全である為に!特に真実以外を中途半端に表現しないことが使用するものの責任だと思います。あくまで自分の意見や呟きや質問であってほしい。絶対うわさ話の井戸端会議には使用しないに限る。
子供は時には残酷で、窮すると悪魔のささやきに屈してしまうこともあり、誰だか解らないからと言って、人を傷つけ、自分まで心に大きな傷を負うことがあるようですね。相手と自分を置き換えて思案できることも身に付けて欲しいし、やりすぎると動けなくなってしまうから・・・またまた心配だから、体当たりで人間同士の関係を築いて欲しいと思う。多重人格にならないように!
私なんて、電話で話していても身振り手振りにお辞儀してて、苦笑してますが・・・(´,_ゝ`)プッ。
PCや携帯でこんな風に色んな方とやり取りができるなんて・・・今の子供達は当たり前!?
便利はうれしいけど、やっぱり心配。
上手に使いたい。使って欲しいですね。


投稿: 奈々 | 2011年5月16日 (月) 00時13分

奈々さまへ

本当の意味で携帯電話を上手に使うということは難しいですね。

奈々さんのように電話で話しながら思わず頭を下げてしまったりするのは、よーく分かります。
でも、その心が素敵だと思います。心が本物だから、頭も下がるのです。

投稿: 佐藤康 | 2011年5月16日 (月) 10時11分

私はどちらかというと、オタクなので、iPhone、iPad、ネットブックなど持ち歩いています。

連絡ツールとして、Beluga、twitter、FaceBookを使用しております。

最近は、DropBoxという、ネットで上の箱(無料)があるので、全部で使えるのでとても便利です。

また、Eye-FiというUSBメモリをカメラに入れて使うと、ネットを使わずにダイレクトでPCへ写真や動画を保存してくれるものもあり、どんどん便利になってきています。

携帯がないと生きていけない体に・・・orz


---
インキュベーションセンターですが、NPO法人や衆議院議員、市議、税理士、公認会計士、社労士などもかんでくれそうで、ビジネスコンペを行おうという話まで持ち上がってきました。
ホームページ立ち上げ準備中です^^b

投稿: 烏丸 | 2011年5月17日 (火) 13時37分

烏丸さまへ

烏丸さんは、IT関連のプロですね。
今後ともアドバイス願います。

ブログ立ち上げましたら、何らかの手段でお知らせください。

投稿: 佐藤康 | 2011年5月17日 (火) 14時14分

携帯電話、私も無くては生活できなくなっていますσ(^_^;)便利ですし、何かあった時に命綱になるかも…。と思うので、子供にも持たせています。
子供の携帯電話の持参については、日本は保守的な学校が多いと思います。中学校・高校では、原則禁止または許可制の学校がほとんどだと思います。たぶん、「子供を犯罪に巻き込まれないように守ろう。」という気持ちが強いのでしょう。

我が家はというと、ちょっと特殊な私立に通っていたので、実は小学校1年生から、持参していました。
お母様が働いている方が多かった為か、クラスの7割以上が持参しており、学年が上がるごとに、所持比率は上がる。という状況でした。

そこで思ったのは「小さい頃から、使い方について、良い点・悪い点について話しておく事の大切さ」です。確かにチェーンメールみたいなのが来て、困ったり。という事もありましたが、受けても送ってはいけない事などを、しっかり理由も含めて話し、お友達にも送らないように言うように注意したところ、最近は全くトラブルも無くなりました

トラブルに巻き込まれやすいのは、メールとネットなので、基本的に用心して、友達ともやたらメールを送らない様に注意しています。

便利ですが「諸刃の剣」でもあるので、使い方の感性を身につけさせたいです。

因みに、主人はどちらかというと、オタク系なので、自分からどんどん新しい商品を買って来ては、家族に自慢⁉しています…σ(^_^;)

投稿: りんりん | 2011年5月26日 (木) 09時51分

りんりんさまへ

私も上手に使うことに賛成です。
でも「上手に使う」という意味を大人がしっかり理解していたいですね。便利だけど難しいものであることも事実ですから。

投稿: 佐藤康 | 2011年5月26日 (木) 11時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話の威力:

« みんな地元が好き | トップページ | 大福は甘い方がいい! »