« 共学校の女の子 | トップページ | 「~しなさい」の効果 »

2011年6月 8日 (水)

負けることの必要性

 先週末は高校柔道の関東大会のため前橋にいた。結果はあえて表現すると惨敗。皆さまには私らしくない表現と思われるかも知れない。

 でもそんなことはない、実に私らしい言い方と勝手に思ってる。それは「前向き惨敗」だから。

 久々に選手たちと話ができた。いつものことだが、私自身ちょっと忙し過ぎかも。反省!

 渋渋柔道部は、選手自身の「頑張ろう精神」に期待する部分が多い。だから、自分自身が本当に「勝ちたい」と思わなければ、強くはならない。

 「負けることの必要性」はここにある。自分の意志ではなく、やらされている感覚が強いうちは真の強さは生まれない。

 まず、柔道が好きなこと、負けて悔しいと思えること、自分には柔道だけと思わないこと(ここが渋渋らしさ)、自分の周りに応援する仲間・大人の存在が基本的には必要なところ。

 柔道が強くなるための努力の過程の中で、「負ける」ことにより、練習の量の必要性・工夫の必要性を痛感する。そして、本気で努力するようになる。これができると間違いなく、ワンステージアップする。それが「惨敗」ならば、もっと期待できるのだ。

 当然ステージ毎に壁はある。「負け」に対しての悔しさが大きければ大きい程、ステップアップも大きい。

 今回の試合で負けた直後、選手一人ひとりが、私が考えをすでに感じていたことに実は驚いた。自分の足りない部分、今後の方向性を考えていたのである。

 そうすると余計な話は不要であり、思わずいつも通り「次に向かおう!」と言ってしまった。でも次回はかならず強くなってると信じている。

 勿論、柔道だけのことを言ってるのではない。どんなことでも、どんな場面でも、しかも大人だって子どもだって同じだと思う。「負け」のパワーを信じよう。

 ブログの更新が遅れると順位も下降する。

 私も負けて努力!

 でも皆さまの応援も必要、教育ブログの部分をクリックよろしく!

 

|

« 共学校の女の子 | トップページ | 「~しなさい」の効果 »

柔道について」カテゴリの記事

コメント

私は中間テストでヤバかったのをまだ引きずっているんですが、先生の言葉で目覚めました!ありがとうございました。   

投稿: 教え子的存在 | 2011年6月 8日 (水) 22時02分

教え子的存在さんへ

誰だろう?と思ってしまいますが、中間テストがヤバいらしい教え子は多数いるので、特定できず。まあそれでいいか。

お願いだから、負けのまま終わらないでくださいね。
本気で目覚めてください。
期末テストの報告、楽しみにしています。

投稿: 佐藤康 | 2011年6月 8日 (水) 23時22分

負けが続き、出口が見つからない時はどうしてましたか?
ハイレベルになると本当に厳しい現実が待っていたり、厚い壁が立ちはだかっていたり・・・
中村選手や、カデの朝日奈さん、どうでしたか?
そんな時、先生方は横で指導されていてどんなアドバイスをされるのでしょうか?
トップアスリートは、明確な目標を持って、日頃の鍛錬、気構えも常人離れしているでしょうが、
平凡な我が家のお子は、度々、停滞したり、結果が悪く嫌になったり、意欲喪失したりしてます・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ
親はただ信じて見守るべきなのでしょうか?
何とかしてあげたくても、タイミングがつかめずおろおろしてしまう時が多々ありました。
是非是非、ご指導下さいませm(_ _)m

投稿: 奈々 | 2011年6月 9日 (木) 22時39分

奈々さまへ

難しい質問です。

それは中村にしても朝比奈にしても出口が見えない負け続けは無かったですね。

ただ、我々指導者も親も同じだと思います。正直なところ、世界へ飛び立つ選手レベルは想像を絶するものがあります。
指導者や親が一番良い形でその子の成長に影響を与えたとしても世界を保証することはできません。

例えば、A~Eまでのステージがあるとします。世界レベルはAステージからしか生まれません。Eステージで努力している選手は、Dステージを目指して努力します。一気にAステージはあり得ないのです。

話しを戻します。
つまりどんなに優れた指導者であったとしてもAステージまでの指導が精一杯と考えます(それでも素晴らしいことですが)。

そこから世界に行けるのは、あるいは世界で活躍できるのは本人次第です。

ただ、指導者や親がやるべきことは、どのステージであったとしてもステージアップ達成の時は心の底から喜んであげることです。不思議なことですが、継続さえしていれば、一度上がったステージから落ちることはありません。

「負け」は自分が今いるステージの中でのこと。その同じようなレベルの相手と勝負して「負ける」ということは本当に悔しいと思うし「勝てる」とも思えるはず。
その気持ちがチカラとなるのです。

奈々さまのお子さまには、ステージ数を増やしてあげることをお勧めします。親としての役割はステージ毎の目標設定を明確にすることがキーポイントになるように思います。

ご理解いただけましたか?
ちょっとクドかったかも知れません。
あとは個々の性格も見たいところです。

ただし、これ以上は有料になります(冗談です)。

投稿: 佐藤康 | 2011年6月10日 (金) 00時09分

おはようございます!
この数日の先生のブログやみなさんのコメントを読んで、学生時代の苦い経験が蘇ってきました。
テスト勉強もその場しのぎで結果も伴うはずも無く、でも結果にばかり目が行き「負け」を認め「勝つ」為の切り替えが出来ませんでした。苦手な(嫌いな)科目は授業も身が入らないし勉強も後回しにするから悪循環ですよね。悪い点数に文句ばかり言ってました。 先生のブログで気がついた生徒さんはきっと浮上しますね。
また私は学生時代は陸上競技の中距離の選手でした。入賞は出来るが上位表彰台にはなかなか届かないタイムでした。タイムの目標設定を常に上位に居る選手と同じにして、それはそれは、走り込み、後半の伸びの為に体力付ける為にたくさん食べまくりました。でもそう簡単に目標達成出来ずかえって落ち込みました。今思えば、先生の仰る、「ステージ」の設定が間違ってたんですね。自分に合った設定だったら少しの変化でも「自信」に成ってまた上手くステージアップが出来てたかもしれませんね。なんだか残念な気分です「負けを認める」とは自分自身を知るという事になるでしょうか?大人に成ってからでも必要な事(出来る事)ですよね?日々浮上の為頑張ります!

投稿: 久 | 2011年6月10日 (金) 08時44分

最初に朝比奈さんごめんなさい!字、間違ってました!大変失礼致しました。
佐藤先生、早速のお便り有難うございますm(_ _)m
とってもありがたいです。有料でも、もっともっと聞きたいですが・・・(*´ェ`*)
久さま、有難うございますm(_ _)m・・・その場しのぎ・悪循環・落ち込む・・・そのまんま!っ、納得致しました。
確かに・・・目標を漠然と、しかも分不相応なレベルにのステージで、闇雲に頑張れと励ましたり、叱ったりしていましたね。
本人にあった「ステージ」、もう一度よくよく思案してみます。
欲張らず・・・ステージ数を増やしてあげること、ステージ毎の目標設定を明確にすること、やってみます!
本当に有難うございましたm(_ _)m


投稿: 奈々 | 2011年6月10日 (金) 09時53分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 負けることの必要性:

« 共学校の女の子 | トップページ | 「~しなさい」の効果 »