« 紙一重の戦い | トップページ | 写真の役割 »

2011年7月29日 (金)

柔道結果報告

 金鷲旗結果ベスト32。ちょっと微妙なラインではあるが、それぞれの生徒の努力の跡は十分に見られた試合だった。

 全国から女子の部だけで約160校の参加があり、4回戦で宿敵埼玉栄と対戦し、敗れた。

 東京に戻り、早速中体連の都大会(全国中学校大会の予選)があった。

 結果は団体戦優勝、個人では、中3の70キロ超級朝比奈沙羅が優勝し、全国2連覇へ向けてスタートを切った。同じ中3の63キロ級柿澤史歩は決勝でミスがあり敗れ準優勝、関東大会出場は決定した。気持ちを切替え、関東チャンピョンを目指してほしい。中2の渡辺心実は朝比奈に敗れ準優勝、関東大会には出場。まあこれは仕方ない。同部屋決戦、どちらかが勝ってどちらかが負ける。来年は渡辺が日本一を目指せばいいことだ。

 私にとっては毎年楽しみいっぱいで嬉しい。

 そして、もうひとつ嬉しい知らせが届いた。もう公となったので話せるのだが、今年はインターハイ出場はゼロであった(3人が決勝で敗退)。

 ところが63キロ級で優勝していた淑徳の田代選手が怪我のため出場辞退、うちの荻野香澄にチャンスが回ってきた。田代選手はジュニアの中で世界トップにいる選手。その選手の代わりに出場することとなった。実は荻野も中学時代の57キロ級の全国チャンピョン。階級を上げて田代選手に挑戦していた。今回の予選では田代選手に有効の内容負けだった。一本負けをしなっかたが完敗であった。田代選手が到達すべき位置に荻野も到達してほしいし、自信を持って戦かってもらいたい。

 チャンスとはこんなところから始まることも知ってほしい。

 これからまた熱い戦いが始まります。

 

|

« 紙一重の戦い | トップページ | 写真の役割 »

柔道について」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柔道結果報告:

« 紙一重の戦い | トップページ | 写真の役割 »