« マスク | トップページ | 年賀状の役割 »

2011年12月20日 (火)

エアーマスク

 「マスク」(前回)に続いて今回は「エアーマスク」。

 固形二酸化塩素、ご存知だろうか?

 私は知人に聞くまで知らなかった。しかも、固形としての二酸化塩素は最近まで存在すら無かったらしい。

 「エアーマスク」の話に入る前に予備知識として。

 世界中の国々での二酸化塩素の用途(簡単に)

 まず、二酸化塩素は、非常に強力な殺菌力を持っているが、人体や動物に対して安全性が高く、また環境に対して二次汚染等の心配も無いため、広く受け入れられている。

具体的に

1.殺菌・消毒

2.鮮度を保つ

3.消臭・悪臭除去

4.漂白

 等々が二酸化塩素の特徴である。

 さて、「エアーマスク」の話に戻したい。

 1週間前、固形二酸化塩素を使った商品ができたので、その商品を試した上で意見を求めたいと知人から連絡が入った。

 この類の話はよくあることで、あまり気にすることなく快諾。

 2~3日前「エアーマスク」との対面を果たした。「マスク」のブログを書いた直後の話だったし、ちょっと楽しい気分だった。

 「エアーマスク」とは、最近、よく見かけるIDカードを想像していただきたい。首から掛けている「アレ」である。ただ、IDカードではなく固形二酸化塩素を細かく砕いたものが入っているカード状のもの。表面のシールを剥がすとその瞬間から「エアーマスク」へと変身。つまり、固形二酸化塩素が空気に触れることで気体となり、首から下げている本人の周囲1平方メートルにバリアが張られ、例えばインフルエンザのウィルス等を遮断、殺菌してしまう効果あるらしい。

 現実的に実験結果を見せられると「嘘」ではない「何か」を感じてしまう。

 この冬、私の周りの人間に協力してもらい、私なりのデータを作ってみたいと思ってる。インフルエンザが流行り出す頃が最高の実験タイミング。

 二酸化塩素が持つ他の効能からの商品化されたものもある。それは消臭力を使った商品である。特に加齢臭の除去が明らからしく、老人ホーム等からの依頼が増えるだろうと私たち仲間の話題となった。消臭の商品は来年早々には大量生産に入るとのこと。

 今回の話は、私自身100%信じている友人からの話であるし、実験データからも信憑性のある結果も得られているので、ブログに載せてみた。

 もし、興味を持たれた方がいれば、コメントは勿論、教育相談のアドレスに遠慮なくご連絡を。

 この「エアーマスク」の効き目が世間から認知されるのは時間の問題と私は思ってる。

 そして、用途の幅は限りなく広がっていくだろう!

 皆さんも少しだけ意識しておいてみて。

 会社名はecom(イーコム)。それから、「エアーマスク」は私が勝手に付けた名称。

|

« マスク | トップページ | 年賀状の役割 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
「エアーマスク」(仮称)むむむ…なんだか凄いものが開発されているのですね。科学・化学に疎い私にも色々用途が有りそうと思いました。
エアーからの発想が多く浮かびましたよ。
・家庭用エアコン
・カーエアコン
・電車や映画館の空調
・加湿器 除湿器 掃除機のフィルター
殺菌と言うところからは、お風呂やトイレ関連。お風呂もトイレも掃除が悩みの種なので…
衣類にも良いのでしょうか?
ならば お父さんの靴下(お父さんのは余計か)
・靴の中敷きも良いですね。
勿論医療やペット用品にも用途は有りまね。
すでに開発、商品化されているものも有ると思います、単純な頭での発想なので、笑われそうですが、色々考えるのは楽しいですね。
長文失礼しましたm(__)m

投稿: 久 | 2011年12月21日 (水) 08時52分

久さまへ

コメント有難うございます。

私ももう少し勉強して正確な情報をお伝えしていきたいと思ってます。

その時はまた新しいご意見お願いします。

投稿: 佐藤康 | 2011年12月21日 (水) 12時23分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアーマスク:

« マスク | トップページ | 年賀状の役割 »