« いつも通り | トップページ | 入試真っ最中 »

2012年1月21日 (土)

渋渋願書受付開始

 20日(金)、渋渋でも一般入試願書受付がスタートした(帰国入試受付は18日から始まっている)。

 お陰さまで好調なスタートが切れた。初日の出願は昨年比16%増である。毎年苦戦の男子でも昨年比80名増の448名。男女で帰国入試を含めると1008名。早くも大台に乗った。

 雪、電車遅延等の問題もあったが、出願への影響はなかった。最終予想としては最近の模擬テスト関係のデータから判断すると、昨年比10%増は見込めそうである。感謝。

 私の学校広報活動としての戦いは昨年の11月ぐらいには済んでいると毎年思ってる。あとは出願数がいわゆる努力の結果なので、結果待ちと言うか判定待ち状態の気分である。

 いよいよ受験生にとっても緊張の時期に入ってくる。

 まずは体調に気をつけ、受験予定のすべての学校を愛する態勢に入ってほしいと思う。第一志望2校、第二志望2校ぐらいのつもりで受験してほしい。一校だけを愛しすぎないよう願ってる。そして、いつも言うことだが受験した学校すべてに入学する可能性があることをあらためて確認・覚悟を家族でしてほしい。

 中学受験を良いものとするためには、入試直前の決め事、家族の約束事の確認が大事だと私は思ってる。

 例えば、A校が合格なら・・・、B校が不合格なら・・・、という結果が出た直後の動きについての決め事。この辺が出来ていると一番目の望みが実現する。意外に本当の話。

 

 私のブログを読んで頂いている皆さま全員が幸せになるよう祈ってます!

 

|

« いつも通り | トップページ | 入試真っ最中 »

受験について」カテゴリの記事

コメント

大家好!ご無沙汰しております。りんりんと申します。
今日は中華圏では、旧正月の元旦なので、新年快楽!(明けましておめでとうございます)

いよいよ、今年も中学校受験の正念場に入りましたね。
道すがら、受験生らしき小学生を見かけると、昨年の我が家を思い出します。

家族の約束事、確かに大事ですね。我が家は結局、最終的に娘の希望を優先させました。

主人が外国人なので、有名伝統女子校に興味がなく、娘が共学校にこだわった事が決め手になりました。
結果は、授業が大変でも、学校に通うのが楽しくて仕方ないようなので、良かったと思っています。

中学校入学時は12歳です。中・高校で伸びる可能性はたくさんあるので、前向きにお子さんに合った行きたい学校を選ぶのが一番大切だと、思います。

受験生の皆さんは、体調を整えて、悔いの無いように頑張れば、どの様な結果でも、きっと成長の糧になると我が子の経験から、感じています。

加油!頑張れ!受験生!

投稿: りんりん | 2012年1月22日 (日) 10時40分

りんりんさま

久々のコメント大歓迎致します。有難うございます。

今後も宜しくお願い致します。お嬢さまの中学受験の経験からのアドバイス期待しています。

コメント嬉しかったです!

投稿: 佐藤康 | 2012年1月22日 (日) 22時59分

受験も、就職も、結婚も、実は「縁」なのではと思っています。

縁があって、今春、佐藤先生の学校に進学される子もいれば、違う学校に通われる子もいます(当たり前ですね♪)。

そして、受験屋さんの私は立場上、「一期一会」と言葉を想起してしまいます。

佐藤先生の「入試」に対する「思い」を感じ、変なコメントをしてしまいました。

投稿: かずな | 2012年1月25日 (水) 06時49分

かずなさま

かずなさまは、かずなセンセですね。何度かコメント頂き、有難うございます。
私はマイペースで生きてるもので今日センセのブログ拝見させて頂きました。

子どもにかける想いはどこか共通しているものがあると思います。

本当に「ご縁」だと思います。

どこかでお会いできれば嬉しいですね。

投稿: 佐藤康 | 2012年1月25日 (水) 15時04分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渋渋願書受付開始:

« いつも通り | トップページ | 入試真っ最中 »