« 年賀状の役割 | トップページ | いつも通り »

2012年1月10日 (火)

「一流に触れる」ということ

 2012年、やっとスタート!今年もよろしく!

 私の小・中学生の頃、将来の夢は「プロ野球選手」だった。小学校6年生の時、ピッチャーとして少しだけ活躍した。中学生になっても公立の中学で野球ばかりやっていた。勿論、ポジションはピッチャーだった。

 指導者というかお世話になった大人は小学校の頃は近所のオジさん、中学では中3の時に初めて野球の指導者といえる先生と出逢った。

 当時の指導者は褒めて育てるタイプは少なく、あまり褒められた記憶は無い。ただ、初めてピッチング・バッティング・スライディング・キャッチングの基本を学んだような気がした。

 「プロ野球選手」になりたいと先生に相談したが、特にアドバイスはもらえなかった。「そんなこと自分で考えろ!」と言われそうな気がいつもしていた。

 私がそのレベルではなかったのかも知れないが、諦めさせるにしても「一流に触れること」、「一流を知ること」を勧めて欲しかった、と今思う。

 ついでにプロ野球選手になって活躍したら、こんなにお金が稼げるとか、楽しい生活が待ってるとか、何か教えて欲しかった。何より「夢」を見させて欲しかった。

 勿論、良いことばかりではないことも含めてである。

 「一流に触れる」ことは、「一流に近づける」ことである。

 その結果、プロ野球選手になるにはこのレベルは必要とかを「肌」で感じたかった。誰かに相談に乗って欲しかったのだ。そして自分の疑問に答えて欲しかったのだ。自分の根性の無さが一番の理由であることは承知しているが、あまりにも漠然とした世界のことで、簡単に諦めてしまったように今更ながら思う。

 高校2年生から柔道に転向し、大学4年間も柔道を続けてしまった。

 野球をやっている時との大きな違いは一流の指導者に出逢えたことである。そして、日本のトップ、世界のトップ選手を間近で見ることができた。触れることができたのである。

 だったら、もう少し強くなってもよかったのだが、選手としてはあまり活躍できなかった。しかしながら、指導者としての道筋は何か見えたように思った。

 自分の教え子には「一流に触れさそう」と考えた。オリンピック出場までの過程を伝えた。柔道が強いと「どう楽しい」のか伝えた、というより自分で考えてみた。

 「一流」を知ることにより、自分と一流選手との距離感を知る。追いつけるのか、追いつけないのか、追いつく気持ちがあるのか、それぞれの選手が決めればいい、と私は思ってる。

 自分たちの仲間から「一流選手」が誕生する。そうすると「一流」は近くなる。

 「一流」になる可能性は3倍に跳ね上がる。本当にそう思う。

 柔道に限ったことではない。

 まず、お子さまに「一流」を見せて欲しい。

 そこから始まるから!

|

« 年賀状の役割 | トップページ | いつも通り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「一流に触れる」ということ:

« 年賀状の役割 | トップページ | いつも通り »