« 渋渋入試終結 | トップページ | 「神の手」順天堂! »

2012年2月18日 (土)

ベルギー国際柔道大会

 渋渋中3朝比奈沙羅が結果を出した。

 2012年1月28日~29日ベルギーのアーロンという都市にて、ベルギー国際柔道大会78キロ超級女子日本代表として選ばれ(唯一の中学生)出場した。

 しかも20歳未満の試合と20歳以上試合両方に出場である。そうは言っても各階級2名ずつ代表が選ばれているが、その全員が両方の試合に出場している。かなりハードなスケジュールであった。

 結果は20歳未満の部では準決勝でドイツのウェイス選手に有効で敗れ3位。

 翌日の20歳以上の部では決勝でキューバのオルテス選手に一本で敗れ準優勝。オルテス選手は今世界のトップ選手であり、沙羅もいい経験になったと思う。

 2016年ブラジル・リオのオリンピックが少しだけ見えてきた。

 沙羅の将来の目標はオリンピック出場・金メダル獲得はもちろんであるが、その次の目標が「医者」。

 実現するのは本当に大変なこと、でもそれは私(佐藤)の夢でもある。応援したい。

 ぜひ、ぜひチャレンジし、実現してもらいたい。

 私の考えは柔道引退後ではなく、同時進行で目標達成することである。

 どのような環境であれば実現できるのか、考えていきたい。

 沙羅だけではなく、トップアスリートたちのセカンドキャリアについても色々と考えを進めていきたいとも思ってる。

|

« 渋渋入試終結 | トップページ | 「神の手」順天堂! »

柔道について」カテゴリの記事

コメント

佐藤先生

何時も親子共々お世話になっております。

今回のベルギー国際では、オルティス選手
と組めたことが、今後のよい経験になったと思います。
これを機会に、更に精進して欲しいものです。

勉学も、高校進学に合わせて、大学受験まで
きっかり三年後となりました。

三年も、準備期間があると、考えて有効活用するか。
三年しか、準備期間が無いと、あたふたするか。

それには・・・
本人の努力と先生方の温かいサポート、
そして親の軸がブレないことだと
考えております。

進学校かつ柔道でも理想の環境である渋々への進学。
周囲の学友にも恵まれていて、本当に感謝しております。

本人の意識・モチベーションを継続して保てる様、
時折ムチを入れてビッシビシ行きます。
是非先生方も、厳しく・温かく見守って下さいませ。
そして、沙羅が困った顔をしていたら、
手を差し伸べて頂ければ幸甚です。

投稿: Dr. Terry | 2012年2月20日 (月) 16時31分

Dr.Terryさま

沙羅パパの言うとおり、モチベーションがすべてだと思います。

飽きることなく、そしてチャレンジすることの難しさを知っていれば、困難に打ち勝てると思ってます。工夫することです。

結果はどうあれ、みんなで前進してみましょう。

投稿: 佐藤康 | 2012年2月21日 (火) 13時03分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベルギー国際柔道大会:

« 渋渋入試終結 | トップページ | 「神の手」順天堂! »