« 入試真っ最中 | トップページ | 渋渋入試終結 »

2012年2月 6日 (月)

入試裏話

 昨日で入試は終わった。今日は第3回入試の合格者発表(14時)。

 帰国入試・第1回・第2回・第3回の全部(4回)を受験した受験生もいる。3回受験は約100名程いる。残念ながらすべて不合格の受験生の方が合格者より多いことになる。

 私が精神的疲れを感じてしまうのは、実はここ(今日)からなのである。

 私学として、中高一貫校としての魅力は簡単には入れないことが魅力であり、私もそんな学校創りに全力を注いできた。

 勿論、学校創りのスタートは、色々な魅力を作り出しそれを多くの受験生や親御さん、塾の先生方に伝えること、そして信じてもらうことであること、それは充分過ぎるぐらい理解している。

 その次に多くの受験生に支持してもらえれば、学校としての努力が認められたことになる。本当に嬉しいことであり、自分の仕事が順調だったと思える瞬間でもある。

 その仕事の中で私が一番重要かつ力を入れているのは、夏から本格的となる説明会や相談会である。お父さま・お母さま方との出会いも嬉しいし、楽しい時間を過ごしている。私自身仕事に対して充実感を感じる時であるし、出会った方々全員に入学してほしいと本心思ってしまう。

 そんな想いで入試を迎えるのである。

 先日の帰国入試の合格発表後、「なぜ不合格だったのか?」という問い合わせが多かったことを前回のブログでお伝えした。

 実はその時にこんな事を言われてしまった。

 「説明会ではいい先生だったのに・・・」と言われ、お母さまのその気持ち分かるけど「合格発表後もいい先生だよ。」とは言い返せなかった。

 多分、そのお母さまも私(佐藤)を責めているのではないと思うが、ちょっとショックを受けてしまった。

 また、こんな事もある。

 説明会・相談会で何回もお会いする親御さんとついつい親しい雰囲気になってしまう。私自身は人間が好きなのでまったく気にしてないのだが、入試終了後、かならず結果は良くも悪くもはっきり出てしまう。良い結果は嬉しいが、辛い結果だと言葉を失うし、その親御さんたちとの距離感が生じてしまうことが寂しい。仕方ないとも思うが。

 「入試はそんなもの」・「勝負はそんなもの」とも簡単には言えない。

 思わず、「ごめんなさい!」そして、心の中では「有難う!」の気持ちでいっぱいなのだ。

 結果はどうあれ、「ご縁」があった皆さま全員に感謝し、「これからもよろしく!」と明るく言っておきたい。

 渋渋だけが学校ではない!

 

|

« 入試真っ最中 | トップページ | 渋渋入試終結 »

受験について」カテゴリの記事

コメント

この度、「ご縁」あり、娘が4月より渋渋に通うことになりました。
一昨年の飛龍祭に娘と貴校へ伺って以来、説明会、模試と何度となく足を運び、入試の時には(ずうずうしいのですが)「居心地の良い当たり前の場所」になっていました。これも、佐藤先生の「学園の顔」としてのご尽力の賜物であると思います。
娘は渋渋に合格したいという強い気持ちで努力し、帰国の合格を頂き、1日には女子最高峰校に挑戦し(結果は残念でしたが)、2日、5日と特待こそ逃したものの合格を頂きました。この結果に娘は自信を持ち、また今後の目標を定めたようであり、私は娘の成長を頼もしく思うと共に、このような機会を与えて下さった渋渋に、佐藤先生に心より感謝を申し上げたいと、お便り申し上げました。
我が家には、今4年生の娘がもう一人おります。来年度の説明会にて、お顔を拝見致しますのを楽しみにしております。
まだまだ、お忙しい日々をお過ごしになられることでしょうが、時節柄くれぐれもご自愛下さいませ。

投稿: tewadaa | 2012年2月 7日 (火) 10時30分

ご縁。
ご縁がなければ、渋渋の充実しすぎる学校生活を体験することができないんですね。
在校生の保護者です。苦しくつらい受験を乗り越え、第一志望の渋渋に合格、体のどこを切っても「充実」の実があふれてくるような毎日を送っているわが子。
渋渋の魅力は入学してからこそわかるのです。
今回、知人のお嬢さんが3回トライされましたが、残念ながら不合格でした。
「白いカーテンの向こうに受験番号がない・・・」
親子ともに3回の受験は、精神力との戦いともいえます。
思い描いていた熱いラブコールは届かず・・・。ご縁というのは、悲しいです。

今年も不本意ながらも渋渋にというかたも新入生の中にはいらっしゃると思います。
でも、多くの不合格者いたなかで、渋渋への入学を得ることができたご縁に感謝して、プライドを持った渋渋生になってもらいたいと思います。


入学後は佐藤先生にお会いする機会が滅多になくなり、ちょっと寂しいなと思っていたところ、ブログをお書きだと伺い、コメントしました。下の子のために、今年は説明会に伺います。よろしくお願いいたします。

投稿: KYONN | 2012年2月 7日 (火) 10時51分

tewadaaさま

コメント有難うございます。

入学を楽しみに、そして自信を持って入学されることの素晴らしさを知っていることは、私(佐藤)自身が嬉しく思います。

姉妹で通学される日もすぐにやってきますね。

では4月お会いしましょう!

投稿: 佐藤康 | 2012年2月 7日 (火) 16時45分

KYONNさま

コメント有難うございます。

たまに、しぶしぶ渋渋に入学する生徒もいるようですが、おそくても1年後には渋渋で良かったと言ってくれるように毎年努力しています。

そんな生徒でも周りの生徒が渋渋大好きメンバーであれば、まったく問題なく学校生活を送り始めるようです。

多分、渋渋の魅力は生徒だからなのですね。

確かに佐藤はいい奴ですが、あまり学校にいないので影響力は無しです。

やっぱり、生徒同士の雰囲気がGOODです。

学校で私を見つけたら、声を掛けてください。

投稿: 佐藤康 | 2012年2月 7日 (火) 16時59分

指定校推薦について教えてください。
また、中学から高校へ進む際、他校に進まれる生徒はいらっしゃいますか?

投稿: ざわざわ | 2012年2月11日 (土) 20時54分

ざわざわさまへ

ご質問、簡単にお答えします。

指定校推薦については、慶應義塾大学・早稲田大学をはじめ多くの推薦枠があります。

正直なところ(嫌味なしで言うと)、一般入試を目指している生徒が多く推薦枠を使い切ることはありません。
詳しくは学校説明会にお越しください。お待ちしております。

中学から他高校への入学はほぼゼロです。ただ、海外へ出るケースはあります。
楽しく通学している生徒が多い証しだと思います。

次回はざわざわさまのご意見もお願いします。

投稿: 佐藤康 | 2012年2月12日 (日) 10時13分

時々blogを拝見しております。blogや学校見学を通して親子とも渋渋が大好きになり、今年の2/1, 2, 5、渋渋を受験しました。

残念ながらどの日も不合格でしたが、幸い渋渋に負けない位素晴らしい学校(少しだけ強がり入っています)に合格を頂き、今は残り少ない小学校生活を楽しんでおります。

繰上げ合格については、「ご縁があれば2/14-16にご連絡を頂ける」とのことですので、あまり期待しないようにしながら、いつも通り過ごしておりますが、一点だけ叶えて頂けると嬉しいお願いがあります。

全ての入学予定者が確定した時に学校のホームページもしくはこのブログで教えて頂けないでしょうか。
そのお知らせを区切りとして、心置きなく前に進んで行きたいと思っております。

以上、ご検討頂けると幸いです。

投稿: 毎日が冒険 | 2012年2月13日 (月) 09時43分

毎日が冒険さまへ

コメント有難うございます。

渋渋に負けないぐらいの学校の合格、おめでとうございます。「毎日が冒険さま」の立場なら私も同じ想いだと思います。これからの6年間が勝負ですので一歩一歩確実に「夢」に向かって前進してください。

渋渋の入試完結につきましてはブログにてお知らせ致します。

投稿: 佐藤康 | 2012年2月13日 (月) 21時47分

渋渋の入試完結、お知らせ下さるとのこと、ありがとうございます。また、励ましのお言葉も頂き、ありがとうございます。子供には、ご縁を頂いた所で、中学・高校生活を精一杯楽しんで、悩んで、欲しいと思っております。

投稿: 毎日が冒険 | 2012年2月13日 (月) 22時13分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入試裏話:

« 入試真っ最中 | トップページ | 渋渋入試終結 »