« 嬉しい手紙 | トップページ | 読売元気フェスタ »

2012年3月17日 (土)

就職最前線

 今年の大学卒業者の就職内定率は80%らしい。この数字が高いのか低いのか、あるいは良いのか悪いのか、よく分からないのが私の正直な気持ち。

 先週、東京ドームホテルで中高入試関連の人たちの集まりがあった。学校教師・塾教師・入試関連業者が主なメンバーである。

 その席で、私は大学と企業を結びつけるような仕事をしているK氏と久々に会った。

 彼の話によると、今企業の人事担当の人たちが注目しているのは、例えば東大卒業でも中高はどこだったのかまで調べているとの内容。

 この話を聞き、それは当然のことと思ったり、ちょっと嬉しくなったり、中高の教育の大切さをあらためて知ったり、かなり良い意味で心が騒いできた。

 騒いだ理由は、渋渋の描く教育は「どの大学に入るかではなく、何になりたいか?」を追求しているからだ。渋渋卒業生が活躍していく時代は本当にこれからだと思うが、企業が「渋渋」に対してどんな評価・位置づけにしていくのか興味がある。

 それもこれからの渋渋としての「頑張り」も重要となることと思う。責任も感じるが楽しみの方が大きい。

 大学選びの考え方が根本から変わっていくことにもなる話である。

 人間としてどうあるべきか?どう成長すべきかを?

 中高時代に培われる心・体の重要性をみんなで感じる取れる時代となってくれれば、嬉しい。

|

« 嬉しい手紙 | トップページ | 読売元気フェスタ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

このところ気になるのは、進学校や公立校から東大へ何人入ったか等、やけに多いと思いませんか。
佐藤先生のおっしゃるとおり「将来、何をやりたいのか、どんなことをしたいのか」ですよね。
中高では勉強はむろんですが「生きる力」を養う教育をしている学校を保護者はしっかり見極める時代でしょう。
進学校が本当に子供に合っているのか?
保護者の自慢のために子供の進学先を決めていないか?
大手塾に煽られていないか?
もう一度、子供の気持ちに立ちかえる。そんな考え方は甘いでしょうか。

投稿: ポンコツ進幹線 | 2012年3月28日 (水) 15時32分

ポンコツ進幹線さまへ

初めまして佐藤です。

私学の人間としての正直な気持ちは微妙です。

私自身も東大2ケタは自校の魅力を語るには一番早い方法であるとも思ってるし、合格実績があって初めて学校が注目されることも事実です。
私はその次を狙っているのです。お陰さまで渋渋は東大2ケタキープしています。

ここからが、本当の意味でのスタートを意識して本来の目標に向かっていきたいですね。

かなり本心を語ってしまいました。

投稿: 佐藤康 | 2012年3月29日 (木) 09時52分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 就職最前線:

« 嬉しい手紙 | トップページ | 読売元気フェスタ »