« 「イジメ」対策提案 | トップページ | 2学期スタート »

2012年8月22日 (水)

結果が必要である理由

 「結果を出す」とはどういう意味か?

 特にスポーツに関わりの強い人間にとっては「良い結果(成績)を出す」ことが「結果を出す」いう意味と認識しているはずである。

 それはそれで決して間違いではない、と私も思ってる。

 ただ、ここでの「結果」はちょっと違う意味でのものだ。

 私たちは、日常の生活の中で夫婦・親子・友人・知人・取引先等々の人間関係がある。その中で約束事があったり、頼まれ事があったりする。そして、その事に対しての「結果」をそれぞれの相手に伝えることが自然な流れであると私は考えている。

 例えば頼んだ側にすれば、あまり急がせたりしたら申し訳ないという想いから、「静かに相手の結果(連絡)」を待つこととなるだろう。

 頼まれた側が誠心誠意頼まれた内容について努力していると仮定すれば、急がされるのは確かに辛いし、鬱陶しい。

 しかしながら、出来もしない事・やる気もない事を簡単に引き受け、それっきりの人間もいる。当然、「結果」の連絡も相手にしない。いや、動いてないから連絡できないのだ。あるいは忘れている。

 私は何かを頼まれ、引き受けた場合、なるべく期限を切って「結果」を伝えるように心がけている。そして、いつまでに私から連絡が入らない時は「私が完全に忘れている時なので遠慮なく連絡してほしい。」と付け加えている。

 色々な事情があって、頼まれて努力した結果出来ない事もあるし、出来ると思ってたことが動き出したら無理となる場合もある。

 私は、頼まれ・動き・できた、またはできなかったを伝えることがお互いにとても大切であり、必要なことと最近強く感じている。

 頼んだ側は「良い結果」だけを待ってるのではないことを再認識したい。

 相手が自然に諦める時間を待つのはあまりにも酷だと思う。

 一度引き受けたら「結果(結論)は出そう。」

 その結果しだいで次へ動き出せるのだから。

 

|

« 「イジメ」対策提案 | トップページ | 2学期スタート »

心と体」カテゴリの記事

コメント

まあ学校でも結局結果が大事な部分がありますからねえ
こういうと失礼に思える部分もあるかもしれなくて申し訳ないですが、数年後以降に渋渋に進学実績(結果)が大きく上がると予想されてますが、(人気が上がって入試が難しくなった世代が卒業するため)その後に渋渋がさらに人気のある学校になってどんな偉大な学校になるかと考えると私としてはすごく楽しみです

投稿: くりす | 2012年8月23日 (木) 09時34分

くりすさまへ

 コメント有難うございます。

 くりすさまの仰る渋渋の結果は確実に出てくるものと信じ、私自身も期待しています。

 でもやはり大切なことは期待通りの結果を出すこと。そのための努力が必要ですね。

 今回のブログで本当に伝えたかったことは、「良い結果」であっても「悪い結果」であっても「結果」を待っている人に対して、きちんと伝える責任があるだろうということを話したかったのです。

 ややこしい話で失礼致しました。

 

投稿: 佐藤康 | 2012年8月23日 (木) 20時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結果が必要である理由:

« 「イジメ」対策提案 | トップページ | 2学期スタート »