« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月28日 (日)

「誉める」効力

 今回のブログを書く前に「誉める」についての私の基準説明を少し。

 まず、誉める相手が大人でも生徒でも同じこと。

 誉める相手の心身ともに普通の状態をゼロと考える。そして、最高の状態を+10、最悪を-10と仮定。

 では「誉める」効力についての話を進めよう。

 普段、大人は誰もが何らかの悩み(心配事)をいっぱい背負って生きている。

 今の子供たちは我々が子どもだった頃より悩みは多いように思う。しかも多岐にわたっている。

 だから心身ともに普通の状態といっても-3ぐらいの落ち込み状態。この状態が普通となるとその子のまわりの大人が「誉める」ことが必要となる。

 人は誉められると、たとえお世辞と分かっていても嬉しいものだ。テンションも上がる。

 つまり、誉められることにより+3分ぐらいのレベルアップができる。それでも-3状態にたすわけだから、それでやっとゼロである。

 ちょっと古い考え方を持つ方だと「誉める」必要はない、ぐらいことは平気で言ってしまう。しかし、今それは違うと私は思う。「誉めて育てる」と思う。

 ただ、最低でもゼロ状態になっていなければ、なかなか前進できない。できれば、心身状態+3で、学校生活を送らせたい。

 私は日常色々なタイプの生徒と接し、「誉める」ことの大切さよりその必要性を感じてしまう。大人たちは「誉める」・「おだてる」方法をより自然な形でもっともっと考え工夫していきたいものだ。

 子どもたちの落ち込み状態-5までは「誉める」・「おだてる」作戦で何とかなると思われる。しかし、それ以上の場合はかならず大きな落ち込み理由があるので、その原因を取り除いてやることが先である。

 その判定基準を少しアドバイス、誉めても何の反応が無い場合を-5以上と判断。

 

 また良い方の判定基準ついて、

 目標を設定し、努力し実現できた瞬間(本当に最高の瞬間)が心身状態+10。だから10以上にはならない。稀に+10以上の状態とは「傲慢さ」や「生意気さ」が傍から見て分かる状況のことであり、これは本人の人間性の部分関係する。私は、もし+10以上の生徒がいればと思うが、そうなる前に指導はできると思ってる。

 いずれにせよ、心身状態マイナスの生徒たちを減らしていくことが重要である。

 明るく・元気な子にするには「誉める」こと!

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

個々の人間力アップを!

 今、日本の国力が下がったと外国メディアから、そして国内においても各分野での力不足が指摘されている。

 原因は色々ある。

 私の中で一番目に来るのは、少子高齢化社会である。

 「どうすれば出生率を上げられるか?」、国民の生活が豊かになれば、子どもを育てやすい環境を作れば、もっと結婚生活に魅力を感じれば等々、解消の道はあるはず。

 それらに気づき、国や地方自治体でも色々な対応策を模索しているようだ。しかし、良い結果はまだ得られていない。

 戦後、復活するための日本人ひとり一人の頑張りは私(50歳代)の親たち世代の努力の結晶。

 その努力の方法、考え方、精神構造の作り方等の中で見習うことがあるように思える。勿論、すべてを真似ることではないが・・・

 今世界からの視線は、中国・韓国・ロシアとの領土問題、日本の小学生たちの学力低下問題、原発事故の対応問題である。

 世界からナメラレテはいけないということより、我々自身が素直に「日本のダメな部分、足りない部分」に着目し、具体的に確実に改善していく時期と思ってる。時間はかかるかも知れない。

 でも30年後・50年後の日本の姿を考えた時、今を生きる我々が子孫のために残せる何かを見つけ出す時期でもあるように思う。

 私は「国力」を判断する物差しのひとつが、「年金制度」と思っている。ここ10年の年金問題、国民に不安を与えるきっかけを作った政府の責任は大きい。確かに人口減が年金問題に拍車をかけていることは理解できるが、解決などしていない。長寿を理由に80歳から支給ぐらいことも平気で、どなたかが言うかも知れない。

 などと文句を言いながら今回、「人間力アップを」とは、国を責めるだけではなく、個々の努力・工夫も怠っている部分があり、その改善も必要と思ったからだ。勿論、私も含め。

 今の時代の象徴、フリーターが悪いとは言わないが、生活費だけのためのアルバイトだと多分楽しく仕事はできないと思う。個人の「活力」が湧いてこないのだ。自分のやりたい仕事を見つけ、楽しいと思える頑張りが出てくれば、まず個人力がアップする。その結集が「国力」と思うのだが。

 雇う側も雇われる側も何とかならないものだろうか?

 また、安定した(正社員)が多くなれば、税金も安定してくる。

 増税してまで捻出した災害復興予算もあり得ない使い方の問題は別な意味で残念。

 そして、最後に「教育界」も努力が必要。その一員として頑張りたい!

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

メールの重さ?

 パソコン、携帯電話でのメールのやり取りが特に最近多くなった。

 私は返信が早い方だと自負している。パソコンでのメールは1日平均で10件は確実にある。多い日は約30件に及ぶ。勿論、返信が必要と思われる分だけ。

 うちの生徒たちからは「先生、メールは会話だよ。」と指導を受けている。思わず「はい!」と言ってしまう。でもまだ文章は堅い。どこまで行っても手紙感覚が抜けない。

 家族や親しい仲間とは、まあまあの対応ができるようになったと思ってる。

 でも携帯電話でのメールとパソコンメールとは若干の重さの違いを感じる時がある。挨拶文があるか、ないかのせいかも知れない(メールに挨拶文が要らないというルールを作ってくれる人がいれば有難い)。

 パソコンの場合、確かにこれまでの手紙に代わる部分があるから仕方ないとも思う。

 携帯メールはこれまでの会話からの変化と考えれば、納得がいく。ただし、どちらもメールである。

 そこで、我々大人たちは「メールの重さ」について考えるべき時が来ているように思うのだが、私だけか?

 まず、返信のスピードについてだがその日のうちには対応したい。いや対応すべきと思う(特に携帯メール)。神経細やかな人間は、返信が来ないと「何か気分を害するようなことを自分がやってしまい、相手が怒ってるのか等々」考えてしまう。

 不思議なもので、メールの返信が無いと電話は掛けづらくなる。そして、余分な気になる材料を作ってしまう。

 確かにメールは便利である。基本はパソコンメールのことだが、相手の時間を気にせず要件を伝えられるし、何事もスピーディーに進む(両者がかみ合ってのことだが)。

 ただ、かみ合わないと進展がない。そうなると間を空けてから、あらためて出直しみたいな状況となってしまう。

 メールが良い意味で重いもの(価値あるもの)という感覚があれば、また違ってくるのかも知れない。

 私はパソコンメールをかならずプリントアウトしている。あえて「重くしている」のだ。忘れないために。

 そして、もう一言「返信は早めに」。返信が遅れたばっかりに別れるカップルが多いらしい(生徒からの情報だが私もそう思う)。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

バランス

 勉強・運動ともに大切なことは「バランス」である。

 そもそも人生においても「バランス」が必要。

 「バランス」感覚の良い者が結果として成功しているように思う。片寄りが大きいと一時的には成功したように見えたり、思われたりするが本当の意味での成功者ではないような気がする。

 「太く短く生きる!」という考え方は正に「バランス」感覚としては悪いものである。私自身、若い時は「太く短く」もカッコイイ感覚と思ってた。しかし年齢を重ねてくると、勿論「太く長く」が一番良いが「普通に長く」がいいかなと思うようになった(都合良く、わがままだが)。

 最近、「バランス」感覚の良い生徒や選手が多いと感じる。勉強だけでは一社会人として認められないとか、柔道だけでは食べていけないとか、何故今これをやっているのかとか、実によく考えるようになってきた。親御さんたちが変わってきたのかも知れない。

 色々な事柄によって「バランス」の比率は異なる。

 例えば、内閣支持率は70%が最高のバランスと私は思う(支持率100%は最高ではなく、危険な国になってしまう)。

 私の場合、食事についてだが、毎日肉だけではいけないと思うものの週に1回は食べたい(もっと食べてるが)と思ってる。「バランス」のとれた食事を意識したいものだ。

 また、同じ友人だけと付き合うのではなく、幅広く色々な人たちと付き合いたい。これも「バランス」。

 新しい事へのチャレンジも忘れてはいけない。新しい事へのチャレンジは、実は大変。しかし、それが「ボケ防止」に繋がったたり、古い(既存の)ものと融合し、新しい「バランス」感覚を生み出したりするのだ。

 「バランス」感覚を身につけることで、充実した「人生」を送れると最近強く強く思ってる。

 考え方のコツは行動を起こした後で、ちょっとだけ振り返り「バランス」良かったかなと、一人反省会をやってみることだ。

 受験勉強も「バランス」感覚だと思ってる。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »