« 一度は天狗に | トップページ | 12月の過ごし方 »

2012年12月 5日 (水)

東京グランドスラム結果報告

 結果報告おそくなりごめんなさい!

 12月2日(日)東京グランドスラム出場。

 朝比奈沙羅選手、しっかり戦い見事銅メダル獲得。

 本人なりに悔しさもあったようだが、順調に成長していると私は思ってる。

 少し詳しく報告(多分、あとで沙羅パパがもっと詳しくフォローしてくれるはず)。

 まず、78キロ超級出場選手は日本人4名を含み12名。

 初戦の相手はフランスのANDEORU, Emilie選手。

 沙羅が終始圧倒しながらポイントが奪えないままGS(延長)へ。GSでも決着がつかず旗判定となった。当然、3対0で沙羅の勝利。旗判定であったが、安心して観ていられる勝ち方だった。

 次の試合はすでに準々決勝の戦い。

 相手はカザフスタンのISSANOVA, Gulzhan選手。見事払い腰で一本勝。成長を感じる積極的な攻めで完全に圧倒した。シニア国際試合のデビュー戦でありながら、のびのびとした試合運びも素晴らしかった。

 次の試合は準決勝。ロンドンオリンピック金メダリストのキューバのORTIZ, Idalystono選手との戦いだった。彼女は大柄のわりにはスピード感溢れる柔道で金メダリストとしての意地を示し、沙羅を軽々と大腰で一本。タイミングもピッタリだったこともあり、沙羅は見事に投げられた。3位決定戦がないため、ここで銅メダル確定。

 沙羅以外の日本人選手は白石選手・山部選手は1回戦敗退し、田知本愛選手は初戦から素晴らしい柔道で順調に勝ち進み、決勝でもORTIZ選手に絞め技で一本勝。

 見事オリンピック金メダリストを破り、優勝した。初めから絞め技を狙っていたかどうかは分からないが、ORTIZ選手も意表を突かれた感じだったと思う。

 田知本選手の実に良い攻めだった。

 沙羅も素晴らしい経験ができた。この国際大会の舞台で戦い、そして銅メダル獲得した自信は大きい。

 あくまで私の予感だが、沙羅は2年後田知本選手・ORTIZ選手を越えている。それぐらい「何か」を持ってる選手である。

 読者の皆さま、「応援いっぱい伝わってきました。有難うございました!」

 以上、佐藤の報告と感想。

 あとはDr.Terry(沙羅パパ)にお願いしたい!

 

|

« 一度は天狗に | トップページ | 12月の過ごし方 »

柔道について」カテゴリの記事

コメント

佐藤先生 久さま

日頃のご指導と応援を有難うございました。
先生のレポート通りです。

補足としては・・・
二回戦のアンデオール選手は、組みづらい
相手の様で、終始圧倒していたとはいえ、
厭だな・・・と感じる、沙羅の柔道衣の
持ち方が気になって、内心冷や冷や
していました。
旗は3本揃って、正直ホッとしました。
スロースターターな沙羅だけに、
この一試合目が山だと思っていました。、
沙羅の硬さが”スッと”取れたことが
離れた観客席でも感じ取れました。

準々決勝のイサノバ選手はなかなか組ませて
貰えませんでしたが、指導が相手に着いて
試合が動きました。
課題であった、腰高な技の入り方も改善され、
狙い通り相手の膝上に右足を差し込んだ
ので、グルッと一回転しました。
払腰というより足車に近いあの技は、
我が娘ながら、褒めてやりたい会心の一撃
でした。

準決勝は今年1月ベルギー国際で、二回とも
担ぎ技で、頭から叩き落されている
オルティス選手。
得るものはあっても、失うものは全くないので、
パフォーマンスの全てを発揮することだけを
願って送り出しました。
最初は、オルティス選手の左手の差し込みを
凌いだのですが、徐々に差し込みを許し、
”あぁッ”と叫んだ時には、帯を取られて、
そのまま大腰で投げられてしまいました。

アンデオール選手には、講道館杯で白石選手
に苦杯を舐めさせられた、最後の最後まで
気を抜かない、が活きました。

二試合目は、鍛練した技を出し切れました。

三試合目は、背中や帯を取らせない対策を立てよ、
という今後の課題を学んだ大会でした。

結果もある程度ついて来ました。
そうは言っても、三位という通過点。
満足することなく、次に繋げる何かを、
また追究して欲しいと思います。

今後も、ご指導のほど、よろしくお願い
致します。

追伸
叫び過ぎて、高血圧性脳症でしょうか・・・
頭がガンガン痛くて、元に戻るまで
少々時間が掛かりました・・・

投稿: Dr. Terry | 2012年12月 6日 (木) 00時17分

当日、大勢の同級生が垂れ幕と応援団扇を
持参して応援に駆け付けて下さいました。

サポーターの彼等の声援に後押しされた
ことも間違いありません。

試合のことばかりで、彼等への感謝が
後回しになってしまい、すみません。
素晴らしい同級生達と一緒になれたこと、
学生・スタッフに恵まれた渋々へ
進学させて間違いありません!!!

渋々の方々には、親子共々
よろしくお願い致します。

投稿: Dr. Terry | 2012年12月 6日 (木) 09時02分

Dr.Terryさま

 フォロー有難うございました。
同級生のファンが増えたことは嬉しいですね。

 色々と楽しみです!

投稿: 佐藤康 | 2012年12月 6日 (木) 10時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京グランドスラム結果報告:

« 一度は天狗に | トップページ | 12月の過ごし方 »