« 年を重ねること | トップページ | 「指導」の難しさ »

2013年1月 5日 (土)

箱根駅伝

 明けましておめでとうございます!

 本年も昨年と変わらぬ、いやそれ以上のご支持・ご支援を宜しくお願い致します。

 さて、新年一発目は「箱根駅伝」。

 昨年から、OB会のお手伝いで(芝公園あたり)母校順天堂大学の現地応援をしている。昨年からといっても順天堂の低迷が何年か続き、実は3年前から昭和記念公園内行われる予選でも現地応援してきた。

 そして、昨年予選会を勝ち上がり本戦で7位(10位以内シード権獲得)となり、今年は落ち着いて年明けを待っていた。

 私は復路(3日)の応援に行った。テレビ観戦の方がはるかに情報も確実だし、寒くないし最高であることは分かっている。

 ただ、目前を走り抜けるスピード感や選手の息づかいを感じると、表現は難しいがこれまた最高の気分となる。やはり体験するしかないかなとも思う。

 また、選手たちの通過を待つ雰囲気もなかなかいいものである。特に往路応援の場合は芝公園あたりはスタートして間もないので差はついてない。2時間かけて旗や横断幕を用意し約10秒で目前を通過するわけで、選手たちの通過を待つ楽しみが無ければ、ちょっと物足りない。

 復路の場合、待つ楽しみ・複数の選手たちの目前通過の楽しみ・通り過ぎてからの余韻の楽しみと考えると最低30分は楽しめることになる。そのあと、何を反省するのか分からないが「反省会」と称する「飲み・食べ会」がある。もしかしてこれが一番の楽しみなのかも。

 世の中的にもテレビ観戦者も増え、今年は昨年を上回る視聴率28%だったらしい。

 結構、みんな暇なんだ。でもそれがいいお正月かも。

 ちょっと結果報告。

 順天堂大学は総合6位で来年のシード権も獲得。選手たちはよく粘ったと思うし、成績も想定内だったように思う。優勝が一番がいいが、「おめでとう!」と「おつかれさま!」両方贈りたい気持ちだ。順大を応援する側はホッとしたというところが本音だろう。

 今年の駅伝の私個人の一番の感想は「日体大の30年振り10回目の優勝」である。

 予選会から出場し本戦での優勝は過去に神奈川大学が実現させているようだが、私が驚いたし興味を持ったのは、昨年19位と惨敗後、別府監督が新3年生(その時は2年生)の服部選手をキャップテンに起用したことである。

 今回の優勝に誰がどのように関係し、良い方向に進んできたかは私には当然分からない。しかし、監督の発想が今までの日本のスポーツ界の発想には無かったものである。「一事が万事」のことわざ通り、色々な方面に、しかも新しい発想で戦ってきたことが理解できた。ホントに素晴らしいと思った。

 その想いがこの結果を生み出したことに間違いは無いと思った。

 順大OBとしては、もし来年も日体大(今年は3年生が主力)が優勝したら優勝回数11回で並ばれてしまう。「だから何?」と言われそうだが、それはそれで悔しい。その可能性も大である。同じ体育大が優勝したことについては嬉しいが・・・

 でも、とにかく応援するしかないのだ。

 わが母校順天堂大学をよろしく!

|

« 年を重ねること | トップページ | 「指導」の難しさ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

年末年始からずっと見てはおりますが、どなたもコメントなさらないので・・・。

佐藤先生、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
そして、このブログをご覧の皆様方も、今年もよろしくお願いいたします。

箱根駅伝、普段は見ないのですが、今年は少し見ました。ちょうどお話に出ている日体大の3回生服部?主将が走っている時も見ていました。
昨年の惨敗からの優勝、本当に素晴らしい結果でしたが、順天堂大学も優勝回数で並ばれないように、頑張ってもらいたいところですね!

投稿: 在校生の父 | 2013年1月 8日 (火) 12時44分

明けましておめでとうございます!ってもう8日ですが
今年も宜しくお願い致します。私も色々吸収しながら良い歳を重ねて行きたいです!ご指導宜しくお願い致しますm(__)m「箱根駅伝」私もテレビ観戦でしたが2日間ドキドキハラハラしながら楽しみました。今年も感動のドラマが有りましたね。
良く考えれば母校が出場してる訳でもないですし関東の大学しか出場していないのになぜか毎年興奮してしまいます(笑)
視聴率も高いですし沿道の応援も年々増えているそうです。
ただどんな事もそうですが人気が出る事での功罪も有るようですね。レースの照準を箱根駅伝に合わせる為、その前の大会を前哨戦扱いにする傾向が有ったり、そもそも箱根駅伝は将来のオリンピック選手に成っても世界に通用する選手に育てる為に始められたのに箱根で燃え尽きてしまう場合も有るとか…
それでもやっぱり、それまで繋いで来た母校の襷を繋ぐ事に一心に走る選手からは新年から感動を与えてもらえます。また今回初めて知ったのですが、毎回レース終了後、各校の学生さん達で2日間かけて同じコースを清掃しているそうです。良い話ですね。
来年(まだずっと先ですが)元気でまた応援したいものです(笑)

投稿: 久 | 2013年1月 8日 (火) 13時16分

在校生の父さまへ

お気遣いのコメント有難うございます。いつでも何回でもコメント歓迎です。

今年も宜しくお願い致します。


久さまへ

今年も宜しくお願い致します。

どんなスポーツでも素晴らしいですよね。応援することで我々も元気が出てきますよね。

投稿: 佐藤康 | 2013年1月 8日 (火) 22時09分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝:

« 年を重ねること | トップページ | 「指導」の難しさ »