« 「指導」の難しさ | トップページ | 久々・色々 »

2013年1月19日 (土)

帰国入試願書受付開始

 いよいよ今年も私の本業がスタートした。

 1月18日(金)、2013年度渋谷教育学園渋谷中学高校、帰国入試の願書受付が始まった。

 2月1日からの一般入試に先駆けての帰国生入試(試験日は1月27日)、ある意味その年の受験者数を占う入試でもある。

 詳しい応募者数は本校ホームページを見て頂くのが一番良い。

 概況説明としては帰国入試受付初日、英語受験59名(男22女37)、作文受験66名(男27女39)合計125名(昨年135名)。

 昨年より10名の減であるが、まあまあの出足と考えている。英語受験においては昨年比-2名とほぼ同じであった。作文受験は昨年比-8名。

 作文受験の場合、実は本校第一志望者は少ない。たまたま、受験資格があり、1月中に受験できることと国・算で勝負ができることで意外に受験者数は流動的でもある。ただ、増えだすと増えることも事実である。

 応募者数についてはHP上で確認して頂きたい。

 

 本校の入試は共学校の特徴でもあるが、女子に人気が高い。ただ、ここ2~3年は男子が増えてきそうな雰囲気を私は感じている。現実的数字に反映されていないが、各説明会場・相談会場では男子受験生の相談が多くなってきているからだ。そして5年生以下の男子の相談件数も多くなっていることも今後の変化を感じさせる理由である。

 共学校としてのバランスが徐々に良い方向に向いてきている気がする。

 今年も我々渋渋教職員全員が「自分の子どもを入学させたくなるような学校造りを目指す!」をモットーに努力していきたい!

 

 

|

« 「指導」の難しさ | トップページ | 久々・色々 »

受験について」カテゴリの記事

コメント

大学センター試験も行われいよいよ受験シーズンですね。
今日は〈大寒〉一番寒い時期…
本人、家族はもちろん佐藤先生はじめ教職員の方々も体調に十分注意されて笑顔の春を迎えて欲しいと思います。
身近に受験生が居なくてもこの時期は心がざわざわしてしまいます。
インフルエンザやお腹にくる風邪も流行っています。佐藤先生も毎年の事では有りますが、また毎年違うとも言えるかと思いますので、万全の対策を講じて乗り切って下さい。

追記:男子の応募が増えつつあるのは良かったですね。先生は共学校(渋渋校)の良さを説いていらしたので良い傾向が見られて何よりです。

投稿: 久 | 2013年1月20日 (日) 13時31分

久さまへ

 コメント有難うございます。

 今年はエアマスクという秘密兵器でインフルエンザウィルスを阻止しているように感じてます。

 でも、毎年入試直前まで体調を崩していたとしても本番には万全になっている自分がいます。残念なのか、良いことなのか不思議ですね。

 共学校はやはり男女のバランスだと思ってます。渋渋らしいバランスというものがまだ分かりません。

 あと10年もすれば、見えてくるんでしょうね。

投稿: 佐藤康 | 2013年1月20日 (日) 23時24分

いよいよ18期生の願書受付開始ですね!
共学校のメリットは、首都圏、いや東日本ではなかなか保護者世代に通じないのかもしれないですが、我が子も”PR”に必至です(笑)。
17期生は、在校生では男子の少ない期で男子が45%ほどですが、やはりもう少し増えたほうがバランスがいいですかね?!
我が家からすれば、社会、特に渋渋生の目指す「世界」では、男女が協力し合って物事を成し遂げるのが当たり前の時代なので、共学以外の環境は考えられなかったですが、やはり渋渋と違い、大学合格者実績が「進路目標」みたいな中高一貫校(=男子校)が多い(渋渋が異質かもしれないですね=笑)ため、男子(家庭)がまだまだ目を向けてくれないのでしょうか??変化していけばいいですね。

投稿: 在校生の父 | 2013年1月21日 (月) 09時30分

在校生の父さまへ

「共学校の魅力」はいっぱいあると思いますが、「別学校の魅力」もありますよね。

 私自身の場合、仙台にはその頃共学校が無かった、というのが本当の話です。「男子校」出身でありながら、しかも楽しんでおきながら、共学校だったらいいのに、と毎日思ってました。

 まあ相性ということもありますが、私はバランスの良い共学校がいいなと思います。

投稿: 佐藤康 | 2013年1月22日 (火) 14時29分

明日の受験を控えて子どもがある塾に入っていなければここの学校は無理なんだって。と言う事を聞いてかえってきて、落ち込んでいました。
聞けば、そこの子どもたちは、まとまって受験番号をもっているので、面接対策も、受験番号順で行えると言うメリットを生かし、確実に点数を稼ぐ方法を知っているとか。
内情に詳しい方がいればそうなるのでしょうが、そこを知らない我が家は、中学生の受験と言う意味では、ちょっとかわいそうになってしまいました。
私のリサーチ不足です。
とてもいい学校だと思っていただけにそんな内情があると言う事を知って、子どもに申し訳ないと思った次第です。
帰国受験といえども、英語だけでなく、いろいろな意味で大きくなってほしいと思いなおします。
とても残念な話でした。

投稿: 受験熱望組 | 2013年1月26日 (土) 21時23分

受験熱望組さまへ

 コメント有難うございます。

 熱望組さまが信じる信じないは別として、私も初めて聞く話です。

 入試がそんな状況で実施されることが真実であれば、残念の一言です。あり得ない話です。

投稿: 佐藤康 | 2013年1月26日 (土) 21時44分

噂の域でありながら、ご丁寧にお返事ありがとうございました。

どうぞ、コメントの方の削除よろしくお願いします。

投稿: 受験熱望組 | 2013年1月26日 (土) 23時28分

受験熱望組様へ
大事な時期に不安になるような話を耳にされ落ち着かない気持ちかと思います。でも、〇○塾じゃないととか○○塾だからとかは関係ないと思います。
一番大事な事は〈良い学校と思いぜひ合格して通いたい!〉これに尽きませんか?渋渋校に魅力を感じた、その直感を信じて今日の試験に臨んで頂きたいです。忘れ物が無いか確認して頑張って!!
渋渋校は受験熱望組様が感じられたように、良い学校ですよ!

投稿: K | 2013年1月27日 (日) 05時50分

受験熱望組様へ

今日帰国の合格発表がありましたので、一足遅いコメントになりましたが、、、。

私の子供も帰国(英語)枠で受験しました。塾にも行かず、英検も受けず、周りの方々に驚かれながらの受験でしたが無事に合格し、今は渋渋での生活ををエンジョイしています。

色々な噂はありますが、敵は他人ではありません。私も子供にあるレベルに達すれば、塾に行こうが、英検が無かろうが必ず受かると言い続けました。子供の本当の力を伸ばすことが一番大事な事だと思います。

投稿: A | 2013年1月28日 (月) 19時44分

受験熱望組様へ

本校の卒業生です。
実は私も違う学校ですが
○○塾でないと入学できないと聞いた事がありました。
(もう10年以上前の話ですが)
○○塾の入塾テストでは残念な結果に終わり、無名の塾にお世話になったので
その学校への入学は無理だろうと一度は断念しました。
その後渋渋に出会い、志望校も変更いたしました。
しかし将来思い返すこともイヤでしたので記念に受け、実際は「合格」でした。
合格でも心が動かなかったので渋渋に入学し、とても楽しい学園生活を送りましたよ。

噂はいつの時代もあるんですね。
私の時代はどの学校でも受験番号1番目の番号を取れば必ず合格!と聞きましたが
実体験でそうでないことも判明しました。
(早朝に並んでくれた父母には申し訳なかったです)

もしお時間が可能でしたら
是非合格発表当日に見に行ってみてください。
受験番号が連番で合格や
○○塾生だけが喜んでいる姿などは見られないと思いますよ。

投稿: Ayaのん♪ | 2013年2月 6日 (水) 01時03分

毎年のことなのかも知れませんが、入試対応、お疲れ様でした。

昨年より少し受験者は減ったようで(男子が・・・)、合格最低点も差が広がってしまったような・・・(^^;

しかし、入試対応としては、そろそろ終結の時期と思います。

週末の保護者説明会が終わると、次は入学式。
4月に、目を輝かせた18期生が入ってくるのを楽しみにしています。

投稿: 17期父兄 | 2013年2月14日 (木) 10時07分

17期父兄さま

 コメント有難うございます。

 本日で入学者数が決定致します。

 男子の数も締切ギリギリでの手続きにより、かなり増えました。

 18期生も素晴らしい生徒たちです。

 応援・フォロー宜しくお願い致します。

投稿: 佐藤康 | 2013年2月16日 (土) 10時26分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰国入試願書受付開始:

« 「指導」の難しさ | トップページ | 久々・色々 »