« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月22日 (金)

怒る理由を考える

 「体罰問題」は下火になってきているかのように思われるが、それは違う。

 マスコミ関係の報道が下火となっているだけで、今も変わりない状況にあると思う。

 今回、私自身が教師として「生徒に対して怒る理由とタイミング」について考えてみた。

 生徒を怒った結果、体罰に至るかそうでないかは其々教師の人間性であると私は思う。

 生徒を愛しているから、生徒の将来を考えているから等々の理由で体罰に至ったという話(言い訳)はよく聞く。

 でも、私はそう思わない。生徒の何かに怒りやいら立ちを覚え、体罰に至ってると思う。

 親が自分の子どもを叩く理由もやはりムカついた瞬間だったりしていることと同じかも。

 

 まず、教師は生徒に対して手を挙げる前に「何故、この生徒に怒りを感じているのか?」冷静に考えてみることが大切。

 特にすぐ手を挙げてしまうタイプは、「冷静」になることが何より大事だろう。

 次に「怒りの理由」を考え・まとめ、それを生徒に伝える。

 「そんなことできれば、殴る(体罰)はずはない。」と思う方はぜひそうしてほしい。

 手を挙げる前の1秒間が体罰教師からの脱出と考える。

 またそういう体罰教師に限って生徒のためにとか言い訳がましい正論を語って墓穴を掘っている。

 こんな方法はどうだろう?

 教師が生徒に対して「お前を殴りたいほどムカついているが、その殴りたい理由を知りたいか?」と生徒に聞いてみる。

 その瞬間に生徒の方から「ごめんなさい!」とか謝罪の言葉が出ればOKだし、そうでない場合でも、このやりとりの間(ま)が重要なのだ。教師側は「冷静」になれるのである。

 勿論、今の内容は生徒を決して殴らないということが前提の話であるが・・・

 また体罰教師の最大の問題点は、生徒がはむかって来ないという思いで殴っていることである。殴ってる自分に酔ってしまうケースもあるだろう。だから殴る回数も異常な数となっていく。

 体罰ぐせのある教師に対しては、学校全体が監視する方向で対応していくことが必要と思う。「一種の病気である。」と私は思う。

 自分が怒っている理由を見つけ出すことが、体罰をしなくなる方法であると思う。

 その理由が「今日は天気が悪くて悶々としているから、だけかも知れない。」

 そんな理由で殴られる生徒は辛い!

 「怒る」は「殴る」に結びつく、「叱る」は「納得」に至ると私は思ってる。

 

 皆さんにも一言

 親としても子供に対しての怒り方ではなく、叱り方を考えてほしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

久々・色々

 久々の更新。ブログランキングもかなりダウン、巻き返していきたい。

 さて、入試期間に突入してから公(こう)は勿論、私(し)にも色々と楽しいことや心配なことが発生し、ちょっと私にしては意外なほど忙しくなってしまった。

 世の中の「体罰問題」も解決までにはしばらく時間がかかりそうだし、100%解消があり得るのか、疑問も残る。

 余計な発言は避けておくが、多くの日本人が「容認」してしまう部分が完全解消を難しくしている理由と私は思ってる。これくらいなら、指導の範囲という感覚を変えていかなければならいだろう。

 ただ、これは色々な意見があって良いと思う。

 続いて「柔道問題」

 この件に関しても難しく、デリケートな問題。とにかく色々な意味で代表選手を守った上で問題解決をはかってほしい。純粋に柔道が好きで、オリンピック選手になりたくて努力している彼女たちを大事にしてほしい。

 ただ、私も「彼女たちの真意」は分からない。静かに見守るしかない。

 

 入試

 今年の入試は歩留まり(入学者数)が読みづらかった。ここ数年、手続きの時期が締切ギリギリとなっている場合が多い。

 正直、どこの合格発表を待っているのか、あるいはどこの繰り上げ合格を待っているのか、読み切れない。本校の場合、手続き締切が2月9日なのだが8日・9日で男子の数がやっと予定の数に到達。

 一時は「繰り上げの準備」に入ったのだが、今年は「繰り上げ合格無し」で終了した。

 「繰り上げ合格」をお待ちになられていた皆さまには「ごめんなさい!」でした。

 「入試」というものが存在している限り、「合格・不合格」も存在する。

 ただ、その差は紙一重がほとんどである。

 一言で済ませることは失礼なかも知れないが、でも「ご縁」なんだと私は思う。

 だから、「あなたを待ってる学校があり、あなたを待ってる人がいる。」ことを皆さんに伝えておきたい。

 「入学した学校」が最高であることを信じてほしい。

 私は本気でそう思ってる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »