« 整形外科 | トップページ | 無理の効能 »

2013年6月23日 (日)

クリストファー中高順調!

 私が応援している浜松のクリストファー中高に先週行ってきた。

 今年度第1回目のオープンスクールの中で、私が受験生親子向けに講演する予定があったので訪問した。

 昨年に比べて会場の雰囲気がまったく違い、いい感じ。集まった人の数は昨年の倍以上にも感じた。

 なぜかすべてが明るいし、活気があった。実際には5割増らしい。

 私が特に良いと思ったのはクリストファーの先生方の表情、それから在校生保護者の方々の受験生親子に対するきめ細かい対応だった。

 受験生親子の方々もクリストファー中高の良いところを探してみようという意欲が見えた。

 しかも、この日は同じ時間帯でライバル校のオープンスクールもあり、あまり良い条件ではないはず。

 それなのにこの状況は嬉しいに尽きる。

 勿論、学校に限らずお客さまを集めるには色々な工夫が必要となる。

 その工夫の中で一番評価されたのは、入試日を1日増やしたことにあると私は確信している。

 これまで浜松市内の私立中学の入試は5校とも同日に行っていた。私にとっては驚きの状況であった。何かその5校で、協定が結ばれているのかとさえ思ってしまった。

 しかし、そんな協定も無かったので、2年前に私の強引な考えからクリストファー中はもう1日入試日を設定したのである(勿論他校には入試日増設を伝えておいた)。

 結果、あらたに設定した入試日は受験生が1名、入学者は0名だった。私にしてみれば想定内の状況。

 受験生0名であれば少し考えたかも知れないが、受験生1名は意味があると判断した。

 ただ、先生方にしてみれば、入試問題作成は大変な労力。入試が1回増えることは仕事が何倍にも増えることになる。

 多分、先生方にしてみれば、私(佐藤)は嫌なヤツに思ってたかも知れない。

 そしてまた強引に2年目も実施した結果8名の受験者・5名の入学者に至った。

 数的にはまだまだだが、物凄い進歩と告知ができたと思っている。

 これらのことが努力だけではない、工夫だと思う。

 

 そして、受験生にとっても学校にとっても具体的なメリットとしていくつか考えられる。

 まず、浜松の受験生にとっては私立の中学を複数校受験できるということ。複数校に合格した上で進学先を選べば、いいことになる。

 学校にとっては創意・工夫をしなければ淘汰されてしまうことが実感できること。この件をメリットと感じられない学校は間違いなく終わる。

 私個人としては浜松の私立5校とも同じように2回の入試日を設定してほしいと思ってる。私立の入試自体を盛り上げていくことが、それぞれの学校発展に繋がると考えているからである。

 そして最終的にはいや佐藤的には、このご縁があるクリストファー中高の発展を祈るばかりである。

 今後、来年の入試に向けてやるべきことはいっぱいある。

 第2回・第3回オープンスクールへの新規参加者の開拓とリピーターの確保を考えている。

 そし、学校説明会の成功へと結び付けたい。「入試」の成功はその次の段階として考えている。

 受験者数増加については、これらのことが上手く進めば達成できることなので、あまり気にしてない。受験者が増えれば、入学者も増えるのである。

 また、良い報告ができるよう工夫・努力したい。

|

« 整形外科 | トップページ | 無理の効能 »

学校について」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリストファー中高順調!:

« 整形外科 | トップページ | 無理の効能 »