« 教え子 | トップページ | 第2回東京オリンピック »

2013年9月30日 (月)

人間ドック 於:北里病院

 年に一度の「人間ドック」。

 夏休み中は、忙しさと暑さがイヤで数年前から9月に代休を頂いてドック入り。

 今年もすべての悪い数値は「デブ」が原因、とのこと。

 そんなに「デブ」ではないのに「それはオカシイ」と妻に話すと「間違いなくデブ」と言われた。

 約80キロを30年以上キープしているのに、65キロが丁度良いらしい。身長は堅めのムースのお蔭で2センチ伸びた。本当はそんなわけないのだが!

 つまり172㎝・80㎏、個人情報だが発表。やっぱ、ちょいデブかな。

 年齢的に気になる前立腺肥大はなかった。癌の可能性を見る数値にも問題はなかった。

 毎年、楽しい気持ちで受けようと思ってるのは胃の検査である。胃カメラは苦手なのでバリウムでの胃通し検査だ。

 昔に比べれば、バリウムも飲みやすく改良されていると感じる。しかし、やはり美味しいものではない。

 バリウムを飲み干し、回転台上をぐるぐる回されながら写真を撮られることが、なぜか楽しく思ってる。ただ、一般的にはバリウム検査終了後はちょっと面倒。

 下剤を飲み、排出への努力が大変に思う。胃カメラはその場で結果が出るし、排出の問題がない(検査中は苦しいが)。

 私の場合、あまり美しい話ではないが、バリウム検査終了30分後から排出が始まる。

 翌日まで悩んだことがない。これは幸せなことと思ってる、特技かも知れない。

 今年も胃そのものに問題はなさそうだ。

 とにかく今の人間ドックは午後3時前にはある程度の結果が出て、医師からアドバイスが受けられる。

 なんと素晴らしいことと思う。

 人間ドックを受診するまでは気が重い。でも終わるとスッとする。

 人間ドック直前まで食べ物まで気にし、減量している自分が笑える。

 「さあ今日から揚げ物解禁!」

 

 

|

« 教え子 | トップページ | 第2回東京オリンピック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

80キロを30年キープ ある意味すごいですね
柔道家でいらっしゃいますから体重をキープすることは難しくないのかもしれませんね
男性は先生のように標準体重プラス15キロでも ちょいデブ ですが、私(一応女性)はそうはいきません
若い頃のように簡単にはいきませんが、標準体重マイナス5キロをキープしています
自分自身 気分よく前向きに過ごす為に必要なことです
先生が日々楽しく 健康と言える範囲なら ちょいデブ キープでいいのでは? と思います(^_^)v

投稿: マロングラッセ | 2013年9月30日 (月) 22時43分

マロングラッセさま

 初めまして!でいいのでしょうか?

 コメント有難うございます。

 標準体重マイナス5キロは立派ですね。私に例えると60キロということです。

 ちょいデブでも満足感があれば、楽しく生きることができます。確かです。

 ただ、病気を避けるためにちょっとだけ減量してみます。
 

投稿: 佐藤康 | 2013年9月30日 (月) 23時22分

先生、お久し振りです。

食欲の秋では、ごさいますが食べ過ぎにはご注意下さい。
デブは恐ろしい事になります。

同級生一同相変わらずのバカですが元気にやっています。

先生もいつまでもお元気でいて下さい。

投稿: 柴又のデブ | 2013年10月 3日 (木) 20時36分

柴又のデブさま

誰だか分かりました。

元気で良かった。ラーメンの食べ過ぎだけは注意だよ。

またOB会やろうね!

投稿: 佐藤康 | 2013年10月 3日 (木) 23時53分

話はずれますが、先日の飛龍祭で初日に高3生の劇がありましたが、とても感動しました。

先生を縁台に呼び込んだやつです。
こういうところに渋渋生らしや、学校の楽しさが浮かび上がるんです。

他校と比べた場合、渋渋のこういうところはアピールポイントになると思います。
共学校であるからこその圧倒的強みであり、簡単そうでマネができないところです。

音楽祭のクラス円陣とかもそう。

今そういういいところを外にアピールできないのは本当にもったいないです。

何か工夫してみませんか?

投稿: 渋だいすき | 2013年10月 5日 (土) 10時29分

渋だいすきさま

コメント有難うございます。

在校生ですか?

学校の魅力について、我々教師には気が付かない事やどこに魅力があるのか分からない時があります。

色々とアドバイスもらえれば、今後のPR活動に役立てていきたいと思います。

入試対策室に顔を出してください。

ヨロシクです!

投稿: 佐藤康 | 2013年10月 6日 (日) 10時35分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間ドック 於:北里病院:

« 教え子 | トップページ | 第2回東京オリンピック »