« 沙羅成長・美里復活・華奈あと一歩 | トップページ | 最近、諸々 »

2013年11月21日 (木)

渋渋説明会

 先週16日(土)13時30分より今年度第2回目の説明会を行った。

 前回は10月24日(木)に渋谷公会堂に於いて開催。

 今回は、本校第1・第2体育館・メモリアルホールの3会場を使っての開催となった。

 一番大きい第2体育館は6年生中心で途中退場は極力我慢、第1体育館、メモリアルホールは5年生以下中心でスクリーンによる同時中継、こちらは途中退場も可能として開催した。

 以前、どの会場も途中退場についてはあまり触れることもなかったのだが、説明会最後の方に入試問題傾向についての説明を入れている。そのタイミングあたりから5年生以下の保護者の皆さまが混雑を回避するため退場を始めてしまう。

 結果、6年生の保護者の皆さまからザワツイテて説明が聞き取れないとのクレームが多くあり、第2体育館は途中退出なしでお願いするようになったのだ。

 しかしながら、多くの方々に来て頂いていると、色々な予測不可能な問題も出てくる。

 それでも、それなりの対応ができたと思っていたが、アンケートを読むとまだまだ工夫が必要だと思った。正直なところ、「こちらをたてるとあちらがたたず!」といった感じである。

 来年こそ、完璧を目指したい。いや近づきたい!

 さて、説明会そのものについては、6年生の保護者の方々も増えているが、参加者全体としては低年齢の保護者の方々の方がより増加しているように感じた。

 5歳のお子さまの保護者2組の方とお話ができた。これから海外に出られ、帰国後のための学校探しとのことだった。ご両親の「熱い想いと真摯な態度」に「相談はまだ早いでしょう!」とは言えなかったし、納得の参加理由であった。

 今年の特徴は帰国生入試に対して興味を持たれている方、海外在留経験が無いのに英検2級や1級を取得されているお子さまの保護者の方の多さには正直ビックリ!

 日本の英語に対する考え方が明らかに変化してきていることを実感した。というより、英語に対する意識の変化に気づきだしている親御さんの多さに驚いた。

 日本人が当たり前に英語を話せる日がやってくるのは遠くないかも。

 

 今回、私自身が強く感じたことがある。

 それは参加していた受験生保護者の「渋渋」への評価のひとつに「禁止」と言わない校則の在り方について、お褒めの言葉だった。

 まず、渋渋の教師たちは「自調自考」の精神の意義をしっかり捉えている。

 その考えから、生徒たちに対してもあえて「禁止」と言わなくても「禁止ゾーン」を理解させられる指導を何気なく、さり気なく実践してきている。しかも我々教師自身も普段の生活の中でも「禁止」という言葉を良い意味で忘れている。

 この辺の「良さ」について認めて頂いたことに「嬉しさ・感謝」を強く感じたのである。

 「よくぞ、気づいてくれました!」といったところだ。

 それだけにこの件については、「渋渋」の魅力を守るために今まで以上に意識していきたい。

 

 私は毎年この11月の説明会の来場状況で来年度受験者数を読んでいる。

 偉そうなことをいうつもりはないが、結論として前年を下回ることは無いと判断した。

 入試直前まで、私の役割・努力は心がけたい。

 「渋渋」に関してのご質問は本校ホームページからメールにてお問い合わせ願いたい。

 

|

« 沙羅成長・美里復活・華奈あと一歩 | トップページ | 最近、諸々 »

学校について」カテゴリの記事

コメント

「禁止」の禁止ですね。
入学して以降、「『自由』ほど大変なことはない!」ということを身をもって教えていただいている先生方には感謝しております。きっと渋渋を卒業しても子供にはずっと生き続ける教訓でしょう。正に渋渋の原点ですね。

自分も、渋渋の学校説明会ではアンケートを必ず記入してました(模試会場の際も含め何枚書いたかわからないくらい)が、案外、アンケートを記入する時間的余裕がない場合も多かったように記憶しています。
そうした中(今は違うかもしれませんが)で、アンケートがたくさん集まるということは、それだけ関心の高い保護者が多いんだ思います。

「あちら立てればこちらが立たず」というのは難しいところですね。何にでもあることですが。
先日(前回の記事UPへ)コメントさせていただいた、「普段の学園生活とは全く様相の異なる、来訪者のあまりの多さによる大混雑のための校舎のイメージ」もそうですが、ほんのちょっとしたことで、(小学生)児童・保護者からの印象は変わってしまいますので。

投稿: 在校生の父 | 2013年11月22日 (金) 10時02分

今年の説明会は来校者数が非常に多かったようですね。
説明会以降いろいろなところの掲示板で、渋渋の話題があがっているのが目にとまり嬉しく思います。

昨年度は一昨年より少し受験者数が減っていますからより戻しが起きたのかと思います。
受験者数は学校への期待値でもありますから、渋渋に対する受験生の期待も膨らんでいるのかもしれません。

国は、大学入試改革を出しましたがまだ内容の大事なところは意見が錯綜して今後も調整には難航しそうです。

ただ大きな流れをみると、渋渋が以前から取り組んできたことは間違いではなく、渋渋生は改革をチャンスに変えて行けるような気がします。

受験生父母は時代の変化に敏感なので、渋渋説明会に沢山の人が集まっているのも、こういう背景も1つの要因ではないでしょうか?

少し先(未来)の渋渋について、保護者の皆様は想像して、期待しているのです。
受験という入口と同様に出口に向かっての渋渋の取組をについても情報を待っているのだと思います。

それに対して渋渋が何をどう発信をしていくのか?
先生の役割も益々大きくなりそうですが、私も楽しみにブログを見させていただきます。

投稿: 和の心 | 2013年11月23日 (土) 09時15分

在校生の父さまへ

 コメント有難うございます。

 「禁止」という言葉の響きは「安心感」を生む場合もあるだろうし、「自由」を奪われたような気持ちにもなったりしますよね。

 しかしながら、そんなことを考え出すと理想の学校創りというものがボヤケテしまいますね。

 渋渋の信念をしっかり持ち続けられるように、そして皆さまにその想いを伝えられるように工夫と努力を続けていきたいと思います。

 そのためには渋渋を取り巻く保護者の方々を含むすべての環境からの応援が必要となります。

 宜しくお願い致します。

投稿: 佐藤康 | 2013年11月23日 (土) 11時45分

和の心さまへ

 コメント有難うございます。

 「ブレない考え方」を今後も貫きたいと思ってます。

 6年後が見通せる学校の雰囲気が大切と考えております。
 渋渋の校長より発信された内容の芯となる部分は、ブレることなく6年後まで継続させていくことが、我々教職員の使命と感じています。

 大学の入試改革等においても焦ることなく、かつ生徒たちに不安感を与えることなく、先手先手の対応が出来るよう日頃より気配りしていきたいと思っています。

 しっかり前を向き、前進していきたいですね。

投稿: 佐藤康 | 2013年11月23日 (土) 11時58分

私は時にほとんどの時間を携帯電話で簡単に電話をかけるべきではありません、すべてのiPhoneの患者の対象と僕姿勢になると思います。

投稿: iphoneケース 通販 | 2013年12月 5日 (木) 11時04分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渋渋説明会:

« 沙羅成長・美里復活・華奈あと一歩 | トップページ | 最近、諸々 »