« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月 7日 (木)

教え子の死

 昨年の9月にブログの中で紹介した江戸取時代の教え子が7月27日23時15分に逝った。

 46歳だった。

 彼は肺ガンを患い、約1年ほど前から抗ガン剤治療と放射線治療を受けてきた。

 3ヶ月ぐらい前に局所的な放射線治療の影響もあると思われるが、転移し、もろくなっていた背骨を骨折した。下半身不随となり、放射線治療を止めた。

 そして、自宅療養に切り替えた。

 自宅療養とは、良く言えば自力回復を望むことでもあるが、実際には穏やかに「死」を待つ意味でもあった。

 何度か足を運んだが、私がいつ見舞いに行っても明るく・穏やかに対応してくれた。

 本当に強い男である。「死」としっかり向き合っていた。

 多分、私にはできないと思う。

 彼が亡くなる1週間ほど前に見舞いに行った時のことである。

 別れ際に私が彼に近づくと抱きついてきた。力強い握手も求めてきた。

 私も彼も実はシャイな男だが、できるだけ彼の思い通りに身をまかせた。

 二人で泣いた!

 ああ、最後なんだなと直感できてしまった。彼も同じだったと思う。

 でも、私が立ち去ろうとした時は彼は満面の笑顔だった。

 

 その後、私が福岡に行っている時に奥さまから危篤の連絡が入った。

 翌日、福岡から戻り、彼の自宅に駆けつけた。

 彼は踏ん張っていてくれた。

 「はち(彼の愛称)、佐藤だけど分かるかと?」というと何と3度も頷いてくれた。

 苦しそうな顔と頑張っている顔が交互にやってきた。

 なぜか涙は出てこなかった。会話はできなかったが、「はちの想い」が私の心の中にドバーッと入り込んできた。

 彼のお子たちは小3と小1。

 私がお子たちの成長を見届ける役割ができたと勝手に思った。

 その2日後、私の携帯がやかましいぐらいに鳴った。

 私の携帯表示には「はち」からの電話。でも声の主は奥さま。

 はちからの最後のプレゼントのようにも思えた。

 周りの者・物へ、たくさんの愛情を注ぎ、駆け足で生き抜いた人生!

 教え子ながら、私が彼から学んだことは多かった。

 「はち、本当にありがとう!」

 「はち」は死んだのではない。生まれる前に戻っただけなのだ。そう思うことにする。

 でも、はちの握った寿司が食えなくなることも淋しい。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »