« アジア大会行ってきました! | トップページ | オフ会について »

2014年10月18日 (土)

まあ、いいか!

 またも久々の更新!

 特に今回は間が空きすぎた。間が空いたことには色々と理由はあるが「内緒」。

 

 私の生き方・考え方の中に「まあ、いいか!」というものがある。

 この言葉は、聞き方によって「だらしない」というイメージが強烈に残るかも知れない。

 ただ、ちょっと考えようによっては救われることもあるのだ。

 何かに挑戦し、失敗したとする。

 その時に出てくる「まあ、いいか!」は、決して諦めの言葉ではない。

 「次回へのチャレンジ」を約束するゆとりある言葉なのだ。

 また、自分への「一瞬の慰め」の言葉でもあり、しかも再チャレンジするための「激励」でもあると私は思ってる。

 余談、「適当」という言葉がある。

 これも大きく意味はふたつある。

 「テキトウな奴」と言った場合、「だらしない奴」「信頼できない奴」と直訳できる。

 ただ、「適当」を「適度」「適量」の意味で使った場合、何かとても良いイメージが広がる。

 「適度な運動」・「適量のお酒」がそれを証明している。

 そして、もう一つ「いいかげんな奴」もある。「テキトウな奴」と同じ意味合いとなるが、「良い加減」になると良い響きである。

 日本語が実に奥深い言葉に思えてくる。こんな使い分けのある言葉はあまり例がないかも。外国人にとっては日本語は難しいだろうと思う。かと言っても英語が簡単と言ってるわけではない。私にとって英語は難しいのだから。

 

 ごめんなさい!余談が長すぎた。

 本題に戻す。

 「まあ、いいか!」の精神は、人を強くさせてくれることが言いたかっただけ。

 この言葉には実は「悔しさ」「情けなさ」そして「復活する想い」が満載なのだ。

 ただし、「まあ、いいか!」をご使用の際は大声で言わず「独り言」レベルでお願いしたい。

 

 私は「まあ、いいか!」の精神で今後も前進する!

 みなさまもお試しあれ!

 

|

« アジア大会行ってきました! | トップページ | オフ会について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「まあ、いいか!」で「良い、加減」にやっていくのがいいと思えます。
試させていただきます。

この記事にコメントを入れる機会をずっと逸していましたが、朝比奈さん、世界ジュニアで優勝しましたね!
朝比奈さんが「まあ、いいか!」の精神で優勝したかどうかはわからないのですが。
柔道も大学受験も、応援してます!

投稿: 在校生の父 | 2014年10月29日 (水) 10時21分

在校生の父さまへ

 コメント遅くなりました。

 決して「まあ、いいか!」と思っていたわけではありませんが、失礼致しました。

 沙羅も怪我のため高校生としての大会をすべて諦め、復活に向け努力しておりました。

 結果、世界ジュニアチャンピオンとなり、本人もホッとしていることと思います。

 美里・沙羅の2名、リオオリンピック出場という私の夢が実現するかも。

 皆さまから、これまで以上に愛される選手に成長していってほしいです。

 今後も引き続き、美里・沙羅・そして渋渋柔道部の応援を宜しくお願い致します。

 

投稿: 佐藤康 | 2014年11月 3日 (月) 11時27分

沙羅さんの帰朝報告とともに、美里さんのアジア大会金メダルの報告も、学校でありましたね。

親の言葉よりも、高い目標を持って努力を続けているこうした先輩たちの生の声の方が、きっと後輩たちには心に響くのだろうと思っています。(期待も込めて~笑)

投稿: 在校生の父 | 2014年11月 4日 (火) 10時53分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まあ、いいか!:

« アジア大会行ってきました! | トップページ | オフ会について »