« 大学合格実績を伸ばすために | トップページ | 佐久長聖の魅力1 »

2015年8月26日 (水)

美里有難う!

 カザフスタン・アスタナで開催されている「世界柔道選手権」において、昨日中村美里が女子-52㎏級で金メダルを獲得した。

 4年ぶり3回目の世界選手権優勝である。

 前回はロンドンオリンピック前の優勝!今回もリオデジャネイロオリンピック大会の前年になる。オリンピック日本代表に選出されるか否かは、来年4月まで分からないが、かなり近づけたことは確かである。

 期待ではなく、楽しみにオリンピック代表となる瞬間を待ちたいと思う。そして、金メダルを獲る瞬間は、できれば現地で見届けたいと思ってる。

 ロンドンオリンピック初戦敗退から、世間的にはあっという間の3年間だったような気がするが、私にとっては長い3年間と感じている。美里にとってはどれ程のものだったか?

 ロンドンオリンピックで負けた日の夜、美里と一緒に食事を摂ることができた〔メダリストになってしまうとテレビ出演でとても一緒にはすごせない〕。私の記憶だとロンドン三越の隣の日本食レストランだった。

 膝の痛みを抱えながらの戦いだったので厳しい戦いになることは予測できていたが、本人は一切そのことを口にすることはなかった〔アスリートとしては当然のことだろうが〕。

 日本に帰国後、あらためて病院で診察をうけたところ「左膝前十字靭帯断裂」であり、10月に再建手術受けることとした。多分、この時は柔道への復帰はどの程度考えていたのか、私には計り知れない。

 その後、大手術は成功したが、リハビリの大変さは想像を絶するものだった。そして1年後には補助金具除去のための手術。メスを入れる以上、術後のあらためてのリハビリは当然で、よくも腐らずに耐えたものだと思う。

 最初の復活の時、講道館杯を制したがグランドスラムでは思うような戦いができなかった。そして、本格的な練習ができるようになり、今年4月の体重別選手権で優勝し、世界柔道選手権代表に選出され、今回の金メダルに繋がった。

 美里は私の教え子ではなく、私の「恩師」ぐらいに色々なことを教えてくれた。飽きっぽい私に「我慢すること」・「耐えること」はまさにそれである。

 自由さ・楽しさは私の強い思いであるが、美里はそんな私の気持ちも彼女の中で上手に使い分けていたように思う。

 今、校長として色々な取り組みをしているが、美里からもらったパワーのお陰でもあると思ってる。

 私が先生・生徒・保護者に対して話したことが、美里が実証してくれている。

 美里に感謝、「有難う!」である。

 確かに中村美里はとてつもない柔道選手かも知れない。

 しかし、そんな美里もすべてが第一歩から始まっていることも忘れてはいけない。

|

« 大学合格実績を伸ばすために | トップページ | 佐久長聖の魅力1 »

柔道について」カテゴリの記事

コメント

中村美里選手の金メダル、おめでとうございます!
新聞で記事を見た時、真っ先に校長先生のお顔が目に浮かびました。校長先生のお話のお陰で、中村選手にとても親しみを感じます。

中村選手の今後の更なる活躍を期待しています!
本当におめでとうございます!

投稿: Y.K | 2015年8月26日 (水) 20時58分

Y.Kさま

 有難うございます!

 これからも美里への応援宜しくお願い致します。
 何かのタイミングで美里も佐久に来てくれるようです。
 でもその前にリオオリンピック出場が決まってほしいと思ってます。

 まず、今回の世界女王復活を喜びたいですね!


 

投稿: 佐藤康 | 2015年8月27日 (木) 10時41分

はじめまして。中学1年生の父兄です。
何時も、息子がお世話になっております。

テレビのニュースを観ていた主人が、「校長先生の教え子、勝ったな。」と嬉しそうに呟きました。

おめでとうございます。これからも、応援させて頂きますね。

投稿: まー | 2015年8月27日 (木) 11時28分

まーさまへ

 コメント有難うございます。

 美里の頑張り・雰囲気を佐久長聖にも持ち込みたいですね!

 美里同様、佐久長聖へのご理解・応援宜しくお願い致します。

投稿: 佐藤康 | 2015年8月29日 (土) 08時55分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美里有難う!:

« 大学合格実績を伸ばすために | トップページ | 佐久長聖の魅力1 »