« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年10月

2015年10月23日 (金)

中学校体育祭

 昨日は佐久長聖中学校の体育祭が行われた。

 会場となったのは、佐久総合運動公園内にある陸上競技公認400mトラックのグランドである。フィールド内は天然芝で実に手入れが行き届いており、実に素晴らしいグランドであった。J3のサッカーの試合でも使われているようだ。

 場所は、あまり私自身もはっきり把握できていないのだが、佐久平カントリークラブの近くである。小高い場所にあり、快晴であればそのグランドから浅間山もハッキリ・クッキリ見えるらしい。近い将来野球場もできるとのこと。昨日は良い天気でありながら雲の影響で浅間山は見えなかった。残念!

 さて、体育祭の中身についてであるが、応援合戦から始まり、クラス対抗大縄跳び・障害物競走・100m走・騎馬戦・リレーと生徒たちも明るく元気に楽しんでいた。

 私も久々にジャージ姿で、突然の出場依頼が来ても対応できるように心の準備だけはしていたが、お呼びはなく、ちょっとホッとした。

 平日にも関わらず、保護者の方々も約70~80名来ていただいた。感謝!!

 来年以降、中高〔6学年〕揃っての体育祭も十分可能であり、実現したい気持ちになった。

 開催するには交通手段の問題から企画の段階での打合わせ、種目の決定等、難題はたくさんある。ただ、教師・生徒・保護者が一丸となれば、何とかなるようにも思う。とにかく準備期間と中高合同の打合わせが一番の問題だと思うが、色々と努力してみたい。佐久長聖の名物イベントぐらいに成長してくれれば、嬉しい。

 念のためのお知らせとして、このグランドは平日使用だと意外に借り易いようである。土日・祝日は借りにくいことも事実。

 昨日は他の予定もなかったので、一日中体育祭を観戦することができた。それだけでも爽快・快適だったのかも知れない!

 やっぱり私は体育教師!

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

稲刈り

 何というロケーションだろう、学校の裏側に広がる田んぼ、そしてそのまん前には浅間山!美しい・気持ちいいー!

 こんな条件が整っている学校があるだろうか?

 こんな魅力を都会の子どもたちに伝えたい。

 そして、これも「何か」に使えると、つい考えてしまう。〔入試対策職業病〕

 10月14日〔水〕朝から中学1年生たちと一緒に稲刈りを行った。

 私の祖父は農家を営んでいたので、田植えや稲刈りの雰囲気は知っている。

 ただ、自分自身で「稲刈り」をするとなると、ほぼ初体験であった。

 生徒以上に「ワクワク・ドキドキ」。

 古代米〔むらさき米〕ということで、刈り取ったその場で脱穀。昔ながらの足ふみ型の脱穀機だ。

 生徒たちもカマを上手に使い、刈り取っていた。

 事前の説明もよーく聞いていた。午前中のうちに全員怪我なく、刈り取り・脱穀終了。

 

 通常の学習も大切であるが、本当の「生きる力」というものはこんな場面から育まれていくのだろうと改めて感じた。

 この何気ないイベントが長聖の魅力なのかも知れない。

 来月には「収穫祭」として「餅つき」も行う。これまた楽しみである。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

カジュアルデー

 9月30日〔水〕、第1回カジュアルデー!

 中学・高校同日をスタート日とした。

 生徒たちもそれぞれの想い・気持ちでこの日を迎えたと思う。

 何も気にせず、いつも通り制服の生徒、この日を待ち望みしっかり準備をしていた生徒、若干の勘違いをし、オシャレも許されると思ったらしくイヤリングまで準備した生徒、まあ色々だった。

 中学と高校を比較すると、中学生が約8割が私服、高校生は約5割に留まった。

 私は紺の綿パンとピンクのボタンダウンのシャツ姿。それほど特別な格好ではなかったが、カジュアルデー初日を無難に過ごすことができた。

 先生方もそれぞれの反応。

 ある先生からは生徒も親御さんも「面倒くさい」という意見もいただいたようだ。

 ただ、私としてはこの「面倒くさい」ことが、カジュアルデーの意味深いところなのだ。すぐに理解してもらえないことは分かってるが、何も考えず、何気なく制服を着る、確かに「楽」である。でも、この「面倒くささ」が人間を成長させてくれるのだ。

 反論を聞かないつもりはないが、周りの方々も簡単に結論を出さないでほしい。少し見守ってほしい。

 生徒たちには笑顔が見えたし、生徒間の話も盛り上がっていた。

 「選択肢」があり、「自分自身で選べる」ことが大切であり、楽しさであることを知ってほしい。

 とにかく半年は継続したい。

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »