« 市川千晃先生逝く | トップページ | 卒業式式辞 »

2016年2月19日 (金)

佐渡ヶ嶽部屋入門

 佐久長聖高校柔道部3年大友駿平が相撲界〔角界〕へ入門。

 2016年2月17日〔水〕佐渡ヶ嶽親方・女将さん・元幕内力士大至さんが来校。

 角界入門にはちょっとした「しきたり」がある。

 入門する部屋の親方が、その子を迎えに来る「儀式的」なものと考えていただければイメージできると思う。その場で学校の制服から相撲の制服〔着物・下駄〕に着替え、多くの仲間・関係の人たちに見送られ校門を出て行く、という感じである。

 今回は学校全体で壮行会と見送りの儀式を執り行うことにした。若干の情報は学校の外にも流させてもらった。結果、テレビ局、新聞社多数が取材に来ていただいた。長野県の相撲人気と佐久市出身のお相撲さんがしばらく出ていないこともあり〔大鷲関以来〕、かなりの盛り上がりをみせた。

 壮行会の中身はまず本校理事長の励ましの言葉、私から入門に至るまでの「ご縁」について、そして佐久市長柳田市長より激励のお言葉、佐渡ヶ嶽親方からと本人大友より「決意表明」、全校生徒からのエール・校歌のプレゼント、その後見送られそのまま新幹線に乗り、東京に向かった。私にすれば、気持ちが変わらぬうちに追い出した、というつもりだったが大友の気持ちに迷いはなかった、とても嬉しく思った。

 記者会見では親方から「こんなに盛大に壮行会をしていただいた以上、簡単には帰れないな。」と言われ、それに対しても本人から「しっかり決意・覚悟している!」旨の発言があった。

 身長187cm体重120kg、恵まれた体格で柔道で培った勝負感・根性・柔軟な体で十分に戦えると私は思っている。

 これでまた楽しみがひとつ増えた!

 しこ名は「琴大友」でのスタートとなりそうだ。

 私としては将来的に「琴長聖」となること信じ、応援していきたい!

 皆さまの応援、宜しくお願い致します!

 

|

« 市川千晃先生逝く | トップページ | 卒業式式辞 »

柔道について」カテゴリの記事

コメント

学校挙げての壮行会。素敵ですね。おめでとうございます。

私は、駅伝などあまり興味なかったのですが、長聖にお世話になってからは、よくテレビ中継を観るようになりました。今度は、相撲中継も観る機会が増えるかもしれません。心から応援させて頂きます。

投稿: 中学一年生在校生の母 | 2016年2月21日 (日) 07時58分

中学一年生在校生の母さまへ

 コメント有難うございます。

 生徒それぞれの東大・京大・甲子園の夢を達成してほしいと思ってます。
 
 最近、各方面に活躍している佐久長聖の生徒を見ると我々教師の方が、誇りと自信を感じてしまいます。

 お子さまと一緒にそれぞれの甲子園を見つけてください!

投稿: 佐藤康 | 2016年2月23日 (火) 14時19分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡ヶ嶽部屋入門:

« 市川千晃先生逝く | トップページ | 卒業式式辞 »